細菌のニュース一覧

高齢者のαディフェンシン低下と腸内細菌(画像: 北海道大学の発表資料より)

腸活、菌活、という言葉を見かけたことはあるだろうか。 06/16 18:54

カルシウムイオン(Ca2+ )制御タンパク質であるNa+/Ca2+交換輸送体 (NCX)を、あらゆる生物の体内時計に共通して働く因子と位置付けた研究の概念図(東京大学の発表資料より)

東京大学と名古屋大学、福岡大学の研究グループは6日、哺乳類から昆虫、細菌などあらゆる生命の体内時計に共通して働く因子として、カルシウムイオン(Ca2+)制御タンパク質であるNa+/Ca2+交換輸送体(NCX)を発見したと発表した。 05/07 08:46

ウイルス中和実験の概要。(画像: 慶應義塾大学の発表資料より)

抗体は、生物が細菌やウイルスを撃退ために体内で作り出す分子の1つであり、中でも、感染に重要な部位に結合し感染をブロックするものを「中和抗体」という。 02/21 07:35

日常的に長時間かつ強度の強い運動を行う長距離ランナーは、運動後に下痢などの消化器異常が起きやすいことが知られている。 11/26 12:31

イギリスのオープンアクセス科学誌BMCで、国際宇宙ステーション(ISS)で展開されているたんぽぽ計画の活動成果のひとつとして、非常に耐性のある細菌デイノコッカス・ラジオデュランスを、ISSの外で1年間暴露した実験の結果が公開された。 11/08 07:16

中国甘粛省蘭州市で昨年夏、動物向けブルセラ症用ワクチンを製造する工場から細菌が流出していた。 11/07 10:27

納豆菌が生きた大豆よりも枯死体の大豆を栄養源とする研究の成果(京都大学の発表より)

大豆を使った日本の伝統的な発酵食品、納豆。 11/07 09:19

研究の概要(画像:東京大学の発表資料より)

東京大学は10月30日、光合成微生物「シアノバクテリア」で新たな光エネルギー利用機構を発見したと発表した。 11/06 13:38

今回構築したクリスパーキャス9の活性を制御する仕組み(広島大学の発表より)

広島大学と東京医科歯科大学の研究グループは26日、細胞分裂で生じた細胞が母細胞となり、再び細胞分裂するまでの細胞周期のメカニズムを生かし、クリスパーキャス9によるゲノム編集を安全かつ正確に行う技術を確立したと発表した。 10/30 15:57

2020年のノーベル化学賞はドイツ・マックスプランク感染生物学研究所のエマニュエル・シャルパンティエ氏(フランス出身)と米カリフォルニア大学バークレー校のジェニファー・A・ダウドナ氏が共同受賞した。 10/08 17:23

メドゥーサウイルスと宿主が共存して進化することで、細胞核を獲得したとする説(画像:東京理科大学の発表資料より)

細胞と異なり、宿主の生物に感染することで増殖するウイルス。 09/12 16:01

LGエレクトロニクスは27日、マスク型のウェアラブル空気清浄機「PuriCare」を発表した(LGリリース、TechCrunch)。 09/01 08:44

「HE-150HG」(画像: アイロックの発表資料より)

アイロックは、6月15日から、自動車の車内等の密閉空間を除菌・消臭するアイテム「4,000mg/hr 高出力オゾン発生器HE-150HG」の先行予約を開始している。 08/10 16:14

バルトネラ属細菌が血管内皮細胞に作用する仕組み(画像: 藤田医科大学の発表資料より)

既存の血管から新しい毛細血管が形成されることで、体の損傷部位の治癒が促される「血管新生」。 07/20 15:08

理研のバイオ高分子研究チームが、光合成細菌を使用して蜘蛛の糸と同様のクモ糸シルクタンパク質を生産することに成功したそうだ。 07/17 18:37

抗生物質などに耐性を持つとされる耐性菌の働きを止める化学物質が発見されたそうだ。 07/02 08:26

最近は食生活の変化から、便秘になっている子供が増えているという。 07/02 07:11

CONAN法による新型コロナウイルス検出法の概要(東京大医科学研究所の発表より)

東京大学医科学研究所の真下知士教授らが、ゲノム編集技術「CRISPR-Cas3(クリスパー・キャス3)」を用いて新型コロナウイルス感染症(COVID-19)を迅速に検出する診断法を確立したと発表した。 06/10 07:24

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

広告