1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 分析・コラム(6)

分析・コラムのニュース(ページ 6)一覧

(c) 123rf

日本の株式市場でディズニーといえばオリエンタルランド(4661)を思い浮かべる人が多いだろう。 04/27 18:20

連休中にこのところ中央銀行の潤沢な資金供給策のマネー効果で「持ちこたえた」銘柄を中心に上値が限定的でも下値も固いと想定して、連休明け後を期待して買い待機できる「持ちこたえている」銘柄にアプローチすることとした。 04/27 09:00

最近は「持ちこたえている」というコメントを聞かなくなった。 04/27 08:56

■I.米国株式市場 ●1.米連邦政府の2020年度赤字は▲3.7兆ドルで過去最高、4~6月期のGDPも▲39.6%減と記録的 1)議会予算局(CBO)の予想 (1)4~6月期の国内総生産(GDP)は年率換算で▲39.6%落ち込むと予想。 04/27 08:26

2019年、金融庁ワーキンググループが、いわゆる「老後資金2000万円不足問題」について取りまとめ発表したことの衝撃から約1年。 04/26 20:13

(c) 123rf

2013年6月に始まったアベノミクスから早7年が経過しようとしているが、アメリカを始めとする各国が金融緩和からの出口戦略を進める中、日本は後れを取ったままコロナショックを迎えてしまった。 04/26 08:35

NYダウが過去最大の下落を見せた3月に、プラスとなったヘッジファンド型投信は5本あった。 04/24 17:37

世界中の株式市場がコロナウイルスショックで30%以上の暴落を見せ、いまだに乱高下を繰り返している。 04/24 09:13

■I.米国株式市場 ●1.米中央銀行の連邦準備制度理事会(FRB)の資産が6.24兆ドルに拡大、過去最高更新 1)背景:新型コロナ対応として打ち出した無制限金融緩和策によって、資産買入を積極的に行ったため。 04/22 08:13

コロナショックで世界的に株式市場が混乱している状況だからこそ、投資初心者もベテランも参照して欲しい指数として「配当貴族指数」がある。 04/22 07:31

新型コロナウイルス感染拡大によって、世界経済は混迷を極めている。 04/21 17:39

企業が発行し、証券会社経由で購入できる「個人向け社債」は、コロナ禍で投資先を探しあぐねている人にこそオススメだ。 04/20 17:58

・世界景気後退で原油など資源価格低下、行き場のないマネーが株式・債券市場に流入 04/20 09:20

■まだまだ続く「日米同時巣ごもり消費」 新型コロナウイルス感染症の収束は、トランプ大統領のシナリオ通りに進んだとしても長期戦となることは間違いなく、そうなれば「日米同時巣ごもり消費」が依然として継続するはずだ。 04/20 09:01

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11  次へ進む

広告

財経アクセスランキング

広告