1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 分析・コラム(3)

分析・コラムのニュース(ページ 3)一覧

【中間期業績を上方修正した銘柄】 当特集では、「百年河清を俟(ま)つ」のではなく、あと1カ月か2カ月待って秋相場のテーマ株に浮上するかもしれない銘柄群に注目することとした。 09/02 10:18

■トランプ・リスクの「百年河清」より中間業績の上方修正銘柄に 「百年河清を俟(ま)つ」という中国の諺がある。 09/02 09:39

トランプ米大統領が仕掛けた貿易戦争、自身が目指している2020年の大統領再選にも悪影響を与える可能性が高まっている。 08/29 11:49

個人向け投資用アパートの販売で急成長を遂げたことで知られるシノケングループ(以下、シノケン)に、何が起きようとしているのか。 08/26 19:22

■「第2のLibWork」として全国区人気株へ 福岡証券取引所には現在、110銘柄(うち本則市場95銘柄、新興市場15銘柄)が上場され、単独上場会社は25銘柄を数える。 08/26 10:45

今回の当コラムは、門外漢を重々自認しているが、敢えて前週22日に履正社高校が優勝して幕を閉じた高校野球の甲子園大会について触れてから始めたい。 08/26 09:41

中国の通信機器最大手「ファーウェイ(華為技術)」は今週23日、あらゆるシナリオに対応する世界初となる新型人工知能(AI)チップ「Ascend 910」及びオペレーション・システム「Mind Spore」を発表する計画だ。 08/22 10:06

■金価格関連株への見直し買いを再サポート 金価格は、5月安値からイランによる米国の無人偵察機撃墜や米国の10年物国債価格の利回り低下とともに再上昇転換、それが今年8月に入って次元の異なる急騰ステージ入りとなり、3日には6年4カ月ぶりの高値1546ドルまで逆行高した。 08/19 10:22

ブラジル中央銀行は12日、4-6月期の経済活動指数が前期比で0.13%低下したと発表した。 08/13 10:32

これを「政策不況」、「政局相場」といわずに何と形容したらいいのだろう。 08/13 08:24

金融庁(の審議会)が算出した「老後に必要な資金2000万円」説が、「年金問題」と表裏一体化し物議を醸したことは記憶に新しい。 08/06 19:36

米連邦準備制度理事会(FRB)が利下げを追加する公算が大きい。 08/06 10:32

■全米オープンテニス大会では2014年夏の「錦織フィーバー」の再現を期待 兜町でも話題になった経緯のある「全米オープンテニス大会」と「ラグビー・ワールドカップ」の2大イベントが、株価材料に再浮上するかしないかは、錦織圭選手、日本代表の活躍次第となり、兜町からの絶大の応援は欠かせない。 08/05 10:30

■急落後の持ち直し相場にどれだけのパワーを期待できるか? 「パウエルの乱」なのか、それに不満を爆発させた「トランプのブラフ(脅し)」なのか?それともまたまた「殿のご乱心」なのか?どっちだったにしても、トランプ大統領が、ツイッターに「中国への制裁関税第4弾の発動」と投稿しただけで、期待していた「サマーラリー」は、一瞬にして「サマークラッシュ」を覚悟しなくてはならなくなった。 08/05 09:40

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7 8  次へ進む

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
  • JPL Small-Body Database Browserによる11月18日の「2019UR2」軌道。ここで見ると、地球とほぼ重なっていることが分かる。 (c) NASA
  • 2021年の量産開始が見込まれるメルセデス・ベンツ・eアクトロス(画像: ダイムラー社発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告