1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 小池豊(1)

小池豊のニュース一覧

食料分野に関わる気候変動影響連鎖(写真:国立環境研究所の発表資料より)

国立環境研究所らは2月28日、気候変動の影響に関する文献の網羅的な調査から、気候変動が及ぼす影響の連鎖を可視化することに成功。 03/02 19:17

開発したVisconti5_SoC(写真:東芝の発表資料より)

東芝は2月26日、人工知能(AI)技術の一つである深層学習を用いた画像認識を、高速かつ低消費電力で実行できる車載向けSoC(System on a Chip)を開発したと発表した。 03/01 09:59

全農広域土壌診断システム(写真:JA全農の発表資料より)

JA全農は22日、富士通と共同で「全農広域土壌診断システム」を開発し、4月からサービスを開始すると発表した。 02/26 09:20

桜島山頂の火口から桜島直下のマグマ溜まり(写真:東北大学の発表資料より)

東北大学は14日、東京大学、京都大学、産業技術総合研究所(産総研)との共同研究で、桜島火山の有史に発生した3度の大規模噴火(1471年、1779年、1914年)の前駆過程を突き止めたと発表した。 02/15 20:42

産業用ロボットへの適用例(写真:三菱電機の発表資料より)

三菱電機は13日、同社AIの強化学習を進化させ、学習内容を段階的に自動で追加することにより、短時間で学習を完了する技術を開発したと発表した。 02/14 09:02

神経発達症の早期診断プロセス(写真:日立製作所の発表資料より)

日立製作所、自治医科大学、国際医療福祉大学、中央大学は8日、神経発達症である注意欠如・多動症(ADHD)患者が自閉スペクトラム症(ASD)を併発しているかどうかの早期診断を支援するための基礎技術を開発したと発表した。 02/13 08:48

カメラから見えない部分がある人物でも照合が可能(写真:NECの発表資料より)

NECは7日、カメラから顔や体の一部が見えない部分がある人物や後ろ向き・横向きの人物でも、全身の外観画像を用いて照合できる「人物照合技術」を開発したと発表した。 02/08 20:47

赤外線応答光触媒活性(写真:京大の発表資料より)

京都大学、関西学院大学、立命館大学、物質・材料研究機構(NIMS)は4日、白金を担持した硫化銅/硫化カドミウムヘテロ構造ナノ粒子が、外部量子効率3.8%という世界最高の効率で赤外光から水素を生成できる光触媒であることを発見したと発表した。 02/05 16:36

GANの仕組みと今回の開発技術(写真:三菱電機の発表資料より)

三菱電機は1月31日、2つのAIを競わせてリアルな画像生成を実現する敵対的生成ネットワーク(GAN: Generative Adversarial Network)において、演算量とメモリ量を10分の1に削減した「コンパクトなGAN」を世界で初めて開発したと発表した。 02/03 12:07

「ZEB関連技術実証棟」のイメージ(写真:三菱電機の発表資料より)

三菱電機は1月30日、ZEB(net Zero Energy Building)関連技術の実証棟を建設すると発表した。 02/01 20:59

熱電バッテリー素子の模式図(左図)および原理を示す図(右図)(写真:東北大学の発表資料より)

東北大学は28日、高密度ナノチャンネルにおける電解液のイオン伝導を利用することで、温度差から発電し、同時に蓄電する新しい原理のデバイスのプロトタイプを試作し、原理検証に成功したと発表した。 01/30 11:32

レーダーによる津波多波面検出例(写真:三菱電機の発表資料より)

三菱電機は25日、レーダーによる津波監視支援技術を高度化し、海表面の流速のレーダー観測により、連続して到来する津波の波面検知と、水位推定を実現するレーダーによる津波多波面検出技術を開発したと発表した。 01/29 09:24

IoT機器からクラウド環境への通信量を大幅に削減(写真:NECの発表資料より)

NEC、東京大学、NTT、早稲田大学は24日、IoT共通基盤を共同で開発し、IoT(モノのインターネット)機器と共通基盤間における重要通信保護に関する実証実験を2018年12月中旬から中国地方で開始すると発表した。 01/25 17:24

モータ搭載家電向け故障検知用e-AIソリューション(写真:ルネサスの発表資料より)

ルネサスエレクトロニクスは21日、独自32ビットマイコンRX66Tによる「モータ搭載家電向け故障検知用e-AI(Embedded-AI)ソリューション」の提供を開始する発表した。 01/23 15:35

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告