NVIDIA、自律動作マシン向けAIプラットフォームを提供 ポストAIは自律型か

2018年12月14日 11:36

小

中

大

印刷

Jetson AGX Xavierのモジュール(写真:NVIDIAの発表資料より)

Jetson AGX Xavierのモジュール(写真:NVIDIAの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 NVIDIAは13日、自律動作マシン向けの組み込みAIプラットフォーム「Jetson AGX Xavier」モジュールを提供開始すると発表した。

【こちらも】NVIDIAとARMが提携 AI搭載のIoTプラットフォームの普及なるか

 指示待ちではなく自分の考えに基づいて行動することを自律型、または自立型と呼ぶ。NVIDIAが目指すポストAIは自律型AIのようだ。ところで、自律型と自立型の違いは、何であろうか。同じ目的を持って行動するAIが自律型AI、個々の目的に沿って行動するAIが自立型AIである。

 AI分野で最も実用化が進んでいる技術が、深層学習(ディープラーニング)だ。深層学習は、機械学習アルゴリズムの1つだ。人間の脳を模したニューラルネットワークを多層に重ねた構造を持ち、この多層に重ねることで、データの特質を学習する。この深層学習に最適なアーキテクチャーが、NVIDIAが開発したGPU(Graphics Processing Unit)だ。

 ところが、当初NVIDIAがGPUを開発した背景は、画像処理向けの高速プロセッサーだったといわれる。画像処理では幾つもの行列演算を行うが、それを最適化したのがGPUだ。CPU(Central Processing Unit)と同じように、言語で画像処理アルゴリズムを記述し、GPUというハードウェアで実行する。

 NVIDIAは、このGPUが深層学習にも活用できることが判明するや否やAI向けGPUと銘打って販売を開始。その後は深層学習用のプラットフォーム構築に至る。

 今回の発表は、自律動作マシン向けの組み込みAIプラットフォームの提供だ。

●Jetson AGX Xavierの特長

 リアルタイム性を確保した上で、複雑なデータ処理をエッジコンピュータ上で可能にする。手のひらに収まる大きさで、何と、32TOPS(Tera Operations Per Second)とワークステーションサーバ並みのパフォーマンスを持つ。これは、1秒間に32兆回もの演算処理が可能な性能だ。

 消費電力も10ワットと、この驚異的な性能に比べると、高いエネルギー効率だ。

●深層学習プラットフォーム(NVIDIA、Jetson AGX Xavier)のテクノロジー

 GPUで圧倒的なシェアを誇るNVIDIAが、顧客から得る情報によってポストAIに据えたのが自律型AIなのであろう。

 宅配ロボット、人間と協調作業する製造ロボット、携帯式のDNAシーケンサーを念頭に置く。自律動作マシンは今やSFの世界を飛び出し、現実のものになりつつあるという。

 NVIDIAのAI向けGPUであるJetson TX2と比較して、性能で20倍以上、エネルギー効率で11倍以上を実現。AIでのエッジコンピューティングの可能性の幅を広げる。(記事:小池豊・記事一覧を見る

関連キーワードロボット人工知能(AI)NVIDIAディープラーニング(深層学習)DNA

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 新型「718スパイダー」(画像: ポルシェの発表資料より)
  • NASAによるエウロパ表面のイメージ。左側の黄色がかった部分が、塩化ナトリウムの濃度が濃い部分。(c) NASA/JPL/University of Arizona
  • A321XLRのイメージ。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 水推進エンジンを搭載した実証衛星(画像: 東京大学の発表資料より)
  • 「vibes.」のイメージ。(画像: Reviveの発表資料より)
  • 夏ぶたチーズ4。(画像:日本ピザハット発表資料より)
  • ロッテリア クラシック チリミート。(画像:ロッテリア発表資料より)
  • 渋谷パルコのイメージ(竹中工務店提供、パルコ発表資料より)
  • プロキシマケンタウリを周回するプロキシマケンタウリbのイメージ図。(c) ESO/M. Kornmesser
 

広告

ピックアップ 注目ニュース