経済 RSS

 

キャッシュレス決済、美容業や小売業での利用が進む

2020年6月15日 17:38

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 キャッシュレス決済サービスを手がけるSquareが、同社の決済サービスを利用する事業者(Square加盟店)のデータから集計したキャッシュレス決済の利用状況分析を公表したImpress Watch)。

 このデータはSquareが提供するPOSレジ機能「Square POSレジ」で集計したもので、集計期間は2019年6月から2020年5月まで。昨年10月には消費税増税による家計負担緩和のためキャッシュレス決済使用時にその金額の一部を還元する事業が開始されたが、これによってキャッシュレス決済の利用量は増加し、さらに新型コロナウイルスの感染拡大に対する緊急事態宣言発令後にはさらに増加したという。

 業種別では、ヘアサロンやネイルサロンなどを含む美容業での利用が多く、美容業のSquare加盟店のうち40%でキャッシュレス決済が現金決済を上回ったという、また、小売業では同じく30%でキャッシュレス決済が現金決済を上回った。一方、飲食業でキャッシュレス決済が現金決済を上回ったのは10%ほどだという。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ビジネス | IT | お金

 関連ストーリー:
QRコード決済の統一規格であるJPQR、店舗提示型コード決済を全国で開始 2020年05月01日
銀行間の送金時に必要な手数料、公正取引委員会が引き下げ要求へ 2020年04月14日
スギHD、キャッシュレス決済の増加で手数料負担が大きく増加 2019年10月16日
政府、消費税増税に向けてクレジットカード会社に手数料引き下げを求める 2018年10月20日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード消費税増税キャッシュレス決済新型コロナウイルス

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • フォレスター「SPORTS」(画像: SUBARUの発表資料より)
  • ポルシェ・タイカン(画像: ポルシェAGの発表資料より)
  • インドで発表されたコンパクトSUV日産マグナイト(画像:日産自動車の発表資料より)
  • 木星を周回し火山から噴煙を上げる衛星イオのイメージ (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), I. de Pater et al.; NRAO/AUI NSF, S. Dagnello; NASA/JPL/Space Science Institute
  • おとめ座付近にある多数の恒星によるシェル状構造 (c) レンセラー工科大学
  • クラウドファンディングで販売されているLanmodo NVS Vast Proの利用イメージ画像。(画像: TS TRADE発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース