日本アニメ産業の世界市場、2兆1527億円で過去最高に

2018年12月6日 13:20

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 日本動画協会が刊行した「アニメ産業レポート2018」によると、日本アニメ産業の市場規模は2兆1527億円に達したという(アニメーションビジネス・ジャーナル)。

 2017年の日本の新聞社全92社の総売上(不動産事業などその他の収入を含む)が1兆7122億円規模であり、それと比べるとバカに出来ない。

 ただ、日本動画協会の発表した数値はアニメコンテンツ自体の販売収益だけでなく、関連グッズや音楽、ライブなど二次展開による収益も加算されているとのことで、ここで提示されている売上がすべてアニメ業界に入るわけではない。また、市場拡大は海外での人気の影響が大きく、逆に国内市場は3年連続で減少しており、またイベントやコンサートなどのライブ分野や配信などは成長している一方で、ビデオパッケージや映画の売上は減少しているようだ。

 スラドのコメントを読む | アニメ・マンガ

 関連ストーリー:
アニメ産業の市場規模、2兆円を超える 2017年10月25日
アニメ制作の「製作委員会方式」の是非 2017年08月30日
首相辞意表明でマンガ・アニメ株が高騰 2007年09月12日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
  • 雇用のあり方の変化は会社が求める能力にも影響している
  • 特別塗装機「ミニオンジェット2」(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 水族館の完成イメージ。(画像:アクア・ライブ・インベストメント発表資料より)(c) Toshimaro IIDA Architectural Design
  • フルーツ ヨーグルト ブラン。(画像:クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン発表資料より)
  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース