職場でパワハラを受けた経験、50.2%があり 連合調査

2018年5月31日 11:17

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

日本労働組合総連合会が4月下旬「働き方に関するホンネアンケート」を実施。仕事でパワハラを受けた経験があると答えた者の割合は50.2%。我慢できる残業時間は月40時間以下が8割。

日本労働組合総連合会が4月下旬「働き方に関するホンネアンケート」を実施。仕事でパワハラを受けた経験があると答えた者の割合は50.2%。我慢できる残業時間は月40時間以下が8割。[写真拡大]

写真の拡大

 連合(日本労働組合総連合会)が 4月28日・29日に千葉市幕張メッセで開催された「ニコニコ超会議2018」で「働き方に関するホンネアンケート」を実施した。アンケートの対象は連合ブースに来場した男女871名で、その内訳は男性が65%、女性が35%、年代別には10代が11%、20代が42%、30代が26%、40代14%、50代14%、60代1%と10~30代までが約8割を占めている。職業別では63%が正社員・正職員で、パート・アルバイトが16%、派遣、契約社員、学生がそれぞれ5%となっている。

【こちらも】ハラスメントを恐れた「コミュニケーションの自粛」はどうしたら解決できる?

 「我慢できる残業時間は月何時間までか」との質問に対しては、「0時間」が9%、「1~10時間」が33.3%、「11~40時間」が37.0%、「41~80時間」が12%、それ以上はあわせて8%となっており、約8割の人が40時間以下と回答している。

 「給料や雇用形態が原因であきらめていること、不安なこと」について複数回答で答えてもらったところ、「自分の老後」が39.1%で最も多く、次いで「クビ切り・雇止め」が24.5%、「結婚」が21.9%、「医療・介護」が17.0%という順であった。一方、「不安はない・給料に満足」と言う者も16.6%いる。

 「仕事上でハラスメントを受けたことはあるか」と複数回答で尋ねたところ、「パワハラ」が50.2%で過半数を超え最も多く、2位以下に大きく差をつけている。次いで「お客様・取引先などからの暴言等」31.4%、「セクハラ」が13.3%で、「受けたことはない」も30.2%で3番目に多いという結果だった。

 「訴状」による個別の訴えについては、件数が全部で390件あり、その内容で多いものは、「賃金が少ない・残業代が支払われない」が75件で最も多く、次いで「残業が多い・長時間労働」、「仕事の内容に不満足」がそれぞれ69件、「職場の人間関係」が61件、「セクハラ・パワハラ」が43件、「休暇がとれない」が41件という順であった。

 調査結果について連合は、「若い人たちは、真に長時間労働の是正を求めていることが本音である」、「個別の訴えは、『残業代が支払われない』『残業が多い』『長時間労働』などがトップを占め、労働環境の厳しさを示している」、「今後ともすべての働く人たちに向けて、こうしたイベント等を通じて、『働くことを軸とする安心社会』を構築することの大切さを訴えていきたい」とコメントしている。(編集担当:久保田雄城)

■関連記事
「ブラック企業」の条件、学生と企業に対する意識調査
残業月30時間も試用期間だと残業代支払わず
クラッシャー上司の存在に悩む保育士の実態
自殺死亡率 日本はワースト6
新入社員は「自分ファースト」? 今年の新入社員の意識とは?

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード働き方結婚残業幕張メッセニコニコ超会議

「雇用・就職・労働」の写真ニュース

経済の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_economy

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース