北ミサイル 隠岐諸島から約300キロに落下

2017年5月29日 18:58

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 菅義偉官房長官は29日記者会見し「北朝鮮が同日午前5時40分ころ、北朝鮮東岸の元山(ウォンサン)付近から東方向に弾道ミサイル1発を発射した。ミサイルは約400キロメートル飛翔し、新潟県佐渡島から約500キロメートル、島根県隠岐諸島からは約300キロメートルの日本海上に落下したと推定される」と発表した。

 落下地点は「我が国の排他的経済水域内と推定される」とし、「午前7時43分ころから国家安全保障会議を開き、情報集約と対応について協議。会議では総理指示の3点(情報収集・分析に全力を挙げ、国民に対して、迅速・的確な情報提供を行うことなど)を確認し、国際社会と連携し、北朝鮮に強く自制を求める」とした。また、菅官房長官は「日本として毅然とした対応をしていく」とした。

 菅官房長官は、安倍晋三総理が北朝鮮抑止のため、米国と共に具体的行動をとっていく、と記者団に語った意味について、記者団の質問に「対話のための対話ではなく、圧力を掛けていくことが必要。また中国の果たす役割が重要であり、安保理で更なる制裁や連携と、日米韓の役割も大きい。同時に日米は防衛体制の能力向上を図るべく、具体的行動をとることで一致している。これに基づき、しっかり連携していくということだ」と答えた。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
BMD能力で8隻体制を急ぐ 安倍総理
北朝鮮問題 G7サミットで議論リードと総理
北極星2型配備指示含め「新たな脅威」と防衛相
中韓と首脳レベルで緊密なコミュニケーションを
金正恩委員長、北極星2型の実戦配備承認

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード新潟県安倍晋三中国北朝鮮米国弾道ミサイル安全保障菅義偉官房長官島根県排他的経済水域