昨年並み水準の賃上げを改めて要請、安倍首相

2017年1月27日 21:30

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 安倍晋三総理は25日の経済財政諮問会議で「経済再生、財政再建、社会保障改革の3つを同時に実現しながら、一億総活躍の未来を切り拓いていかなければならない」と語るとともに「まずは、来年度予算や税制改正法を早期に成立させる必要がある」とした。

 特に、安倍総理は税制について「働き方改革を進めるため、配偶者控除の見直しや企業の賃上げを促す所得拡大促進税制の見直しを行うこととしている。企業におかれても、配偶者手当の見直しや、少なくとも昨年並みの水準の賃上げなど、前向きな取り組みを是非お願いしたい」と民間議員として入っている経済界のリーダーらに、改めて昨年並みの水準の賃上げを要請した。

 日本経済団体連合会の会長などを務める榊原定征氏ら民間議員から今後の重点課題として格差の固定化を防ぐ人材への投資、活力ある中間層の形成、社会保障改革の推進の必要が挙げられた。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
施政方針演説で中小企業振興や商店街にも目配り
正規と非正規の不合理な待遇差「認めない」総理
経済の好循環回す鍵は「賃上げ」安倍総理が要請
「賃上げは年収ベースで」榊原経団連会長
年収ベースでの賃金引上げを目指す 榊原会長

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード所得安倍晋三榊原定征日本経済団体連合会(経団連)社会保障働き方改革配偶者控除働き方一億総活躍