1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 政治・社会
  4.  > 社会
  5.  > 一億総活躍(1)

一億総活躍のニュース一覧

Insight Techが「働き方改革」をテーマについてアンケート。関心の高いテーマは「有給義務化」25%が最多。「多様な働き方ができる社会」という改革理念の実現は「可能」12%、「不可能」53%。

長時間労働の是正に端を発する働き方改革は既に多くの職場で取り組みがなされている。 10/10 09:13

厚労省が「自立支援に関する意識調査」を発表。「困難者を助けたい」66.5%。助けない理由は「負担になる」4割。「障がい者等の就労は困難」71.5%。「相談機関に相談したい」当事者の45.1%。

一億総活躍、働き方改革、ダイバーシティを合い言葉に政府主導の職場改革が進められている。 07/13 09:44

エン・ジャパンが「ダイバシティ推進」について調査を実施。推進を実施している企業は32%。実施の目的は「人材確保」が58%で最多

日本は今、深刻な人手不足の状態にある。 12/06 10:04

2016年9月に内閣官房に「働き方改革実現推進室」が設置されたことで「働き方改革」という言葉の認知が一気に拡がったが、2年経った今、実際に働き方改革は進んでいるのだろうか

深刻な少子高齢化と、それに伴う生産年齢人口の減少に直面している日本にとって、労働環境の改善は、一企業の問題ではなく国全体に関わる課題といえるだろう。 08/26 21:48

東京医科大が入学選抜で女子の得点を減点する行為を行っていた問題で、公益社団法人日本女医師会の前田佳子会長は6日までに「女性という理由で入学試験の採点に不当に手を加え、門戸を閉ざすべきではない」と抗議の談話を発表した。 08/07 10:33

安倍晋三総理は4日の年頭記者会見で、「本年、働き方改革に挑戦する」と断言した。 01/07 21:07

安倍晋三総理は元旦にあたり、「未来は変えることができる」とするとともに、安倍内閣として「本年は(昨年の総選挙で示した政策に対して)実行の一年」との2018年年頭所感を発表した。 01/02 22:36

安倍晋三総理は内閣改造に伴う総理談話(閣議決定)を3日、発表した。 08/04 20:52

安倍晋三総理は14日の経済財政諮問会議で平成30年度予算の在り方について「一億総活躍社会の日本をつくるため、人づくり革命の実現に向け、歳出改革を含め、しっかりとした予算編成を行っていく」と語った。 07/16 10:07

経産省の次官・若手プロジェクトによる資料「不安な個人、立ちすくむ国家~モデルなき時代をどう前向きに生き抜くか~」が今年5月に発表された。国家が個人の選択を支え、不安を軽減させるような柔軟な制度設計が早急に求められていると若手官僚は警鐘を鳴らす。

経済産業省での省内公募によって集まった約30名の有志若手官僚達によって構成された次官・若手プロジェクトの作成した資料「不安な個人、立ちすくむ国家~モデルなき時代をどう前向きに生き抜くか~」が今年5月に発表され、ネット上でも様々な反応が起こっている。 06/25 18:34

安倍晋三総理は7日都内で開かれた全国市長会議で「それぞれの地域一番のプランナーかつコーディネーターは地方自治体だ」としたうえで「地域の課題も魅力も一番よく知っているのは市長の皆様。 06/08 19:10

帝国データバンクによると、2017年1月の景気DIは前月比0.2ポイント減の45.2となり5カ月ぶりに悪化した。 02/06 11:52

帝国データバンクの調べによると、1月の景気DIは5カ月ぶりの悪化となる前月比0.2ポイント減の45.2となった。 02/04 18:59

今年初めての経済財政諮問会議が25日開かれ、民間議員になっている日本経済団体連合会の榊原定征会長ら4人が「今後の検討課題」として「世界経済の動向等を踏まえ、現在のマクロ経済環境を維持・強化しながら、格差を固定化させないための教育への投資など、人材への資源配分の強化が重要」など7項目を提起。 01/27 21:35

 1 2  次へ進む

広告

写真で見るニュース

  • ホンダ「S2000」純正バーツ装着イメージ。(画像: ホンダアクセスの発表資料より)
  • 新型アコード。(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 「2020 トップセーフティピック+」という最高の安全評価を受けた北米マツダのCX-5(画像: マツダUSA発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告