1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 企業・産業
  4.  > IT・情報通信業
  5.  > 矢野経済研究所(1)

矢野経済研究所のニュース一覧

矢野経済研究所が次世代モビリティの国内販売台数予測を公表。超小型EVは2020年より軽自動車の一種と区分されることで市販化加速の見込み

いまだ馴染みのない電動トライク、電動ミニカー、超小型モビリティなどの次世代モビリティだが、原付バイクよりもパワーがあり軽自動車よりも小さく小回りがきき駐車スペースも狭いため新たな都市型車両として注目を浴びている。 03/24 08:55

厚生労働省の推計によると、2019年の死亡者数は約137万人。 03/10 12:25

ロームが開発した、先進車載メータークラスター用、2.8W 大出力スピーカアンプ「BD783xxEFJ-M」

100年に1度の大変革期といわれている自動車業界。 03/01 19:56

矢野経済研究所が国内インターネット通販市場を調査

日本のネット通販の大手、楽天の三木谷社長が送料無料化の方針を固め、これに対して公正取引委員会が独禁法違反の疑いがあると指摘するも方針を変えず、公取が楽天に立ち入り検査を行うという事態にまで発展した。 02/25 08:30

矢野経済研究所によると集計中の2019年の「大人用紙おむつ市場」は、792億円が予想されるという。 02/22 10:23

矢野経済研究所が携帯電話の世界市場に関する調査。

今年2020年は5G(第5世代移動通信システム)が日本国内でも本格化する見込みだ。 02/18 08:35

矢野経済研究所がホテル市場を調査。市場規模は前期比5.6%増の2兆291億円

2019年の訪日外国人数は3188万人で前年比2.2%の順調な増加だ。 02/07 09:06

矢野経済研究所が国内のペット・動物病院の運営等について法人アンケート調査

農林水産省の統計によれば届出のある獣医師の数は増加傾向で推移しており、特に小動物診療を行う獣医師の増加が著しくなっている。 12/16 08:42

矢野経済研究所が中国のADAS・自動運転用センサ市場を調査。19年のレーダ・カメラ・超音波市場は2529億円。20年に中・高レベルのICVの市販化、22年以降に5G-V2Xの実用化、30年には2兆円市場へ。

次世代技術の代表とも言える自動運転車。 11/15 09:18

飲料市場は既に飽和状態にある。少子高齢、人口減少という背景もあり2000年以降の年平均成長率は横ばい、僅かにマイナスだ。近年、国民の健康意識の向上などを背景に特定保健用食品(トクホ)飲料などが好調だったが、これもすでに成熟期に入っているようだ。

飲料市場は既に飽和状態にある。 11/06 18:31

矢野経済研究所が5Gの世界市場を調査。2018年に5G商用化仕様が策定。18年、中国の携帯契約数は15.8億万契約

2019年は5G(第5世代移動体通信システム)元年と言われる。 10/25 09:05

矢野経済研究所がリチウムイオン電池の世界市場を調査。車載用リチウムイオン電池が牽引し市場拡大

小型で軽量なリチウムイオン電池はこれまでノートパソコンや携帯電話、デジタルカメラ、携帯音楽プレイヤーなど携帯用機器に搭載されIT機器の利便性を大きく向上させてきた。 10/16 09:22

市場調査で定評の矢野経済研究所が、トランクルームなど収納サービス市場についてこう配信している。 10/08 18:36

矢野経済研究所が国内FinTech市場を調査。2018年度の国内FinTech市場規模は前年度比42.7%増の2145億円。ブロックチェーン、AI関連サービスの成長が期待され22年度には1兆2102億円に達すると予測。

フィンテックとは情報・通信テクノロジーを駆使した革新的な金融商品・サービスの開発・提供のことだ。 09/30 09:32

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

広告