風力発電のニュース(ページ 5)一覧

米国では2016年、太陽光発電産業に従事する労働者数が25%増加し、26万人超となった。 02/14 11:19

水素社会の実現に向け、鳥取県で水素エネルギーの教育拠点「鳥取すいそ学びうむ (とっとり水素学習館)」が誕生。4月にオープンし、水素エネルギー利活用の提案と啓発を行う。

近年、石油に代わる次世代エネルギーとして水素に期待が集まっている。 02/05 10:30

オランダ鉄道は1日から、風力発電による電力ですべての電車を運行しているようだ。 01/15 21:45

富士経済は、再生可能エネルギーのうち、太陽光の次に注目される風力の発電システム市場について調査した。 01/06 00:42

国が2015年7月に公表した「長期エネルギー需給見通し」では、2030年度における総発電量に対する再生可能エネルギーの比率については、2013年度の10.7%から22~24%まで拡大を目指すとされている。 10/03 11:05

米Amazonが米テキサス州西部に同社最大となる253MWの風力発電所を建設することを発表した。 09/30 14:24

富士経済は、再生可能エネルギー固定買取制度(FIT)により注目が集まる太陽光、風力、水力、バイオマス、地熱発電システムの市場を調査した

富士経済は、再生可能エネルギー固定買取制度(FIT)により注目が集まる太陽光、風力、水力、バイオマス、地熱発電システムの市場を調査した。 09/18 22:26

日立製作所は7日、低風速地域でも発電量が増加できる風力発電システム「HTW5.2-136」を開発したと発表した。 09/07 14:19

三菱重工業は8日、スウェーデン国営のエネルギー会社バッテンフォール社(Vattenfall AB)から、世界最大出力という8,000kW級の洋上風力発電設備を49基受注したと発表した。 07/08 15:48

2016年2月に実用化モデルとして発表された豊田自動織機製・燃料電池フォークリフト。トヨタ自動車の燃料電池車「MIRAI」と同じ燃料電池セルを使用する

神奈川県、横浜市、川崎市の3つの自治体と、岩谷産業、東芝、トヨタ自動車の3法人が協働して、京浜臨海部における再生可能エネルギーを活用した、低炭素な水素サプライチェーンモデルの構築を図る実証プロジェクトをスタートさせる。 03/16 11:36

神奈川県、横浜市、川崎市、岩谷産業、東芝、トヨタ自動車は、風力発電で製造した水素を燃料電池フォークリフトへ供給する実証を開始する。(写真:神奈川県などの発表資料より)

神奈川県、横浜市、川崎市、岩谷産業、東芝、トヨタ自動車は14日、風力発電で製造した水素を燃料電池フォークリフトへ供給する実証を開始すると発表した。 03/14 15:54

MWT100A/2.5 (日立製作所の発表資料より)

日立製作所は14日、三菱重工業が開発した2.5MW(メガワット)風力発電システム(型式:MWT100A/2.5)について、日立が国内陸上風力発電所向けに製造、販売、保守などを可能にするライセンス契約を締結したと発表した。 12/14 16:47

発電所の位置図(住友商事の発表資料より)

住友商事と欧州住友商事会社は23日、洋上風力発電事業開発運営会社であるベルギーのパークウィンド社(Parkwind)などと共同開発中のノーベルウィンドプロジェクトにおいて、洋上風力発電所の建設を開始したと発表した。 10/23 17:10

京浜臨海部での低炭素水素活用実証プロジェクトによるサプライチェーンのイメージ(東芝の発表資料より)

神奈川県、横浜市、川崎市、岩谷産業、東芝、トヨタ自動車、トヨタタービンアンドシステムは9日、環境省の委託事業である「平成27年度 地域連携・低炭素水素技術実証事業」において、神奈川県の京浜臨海部を対象地域として低炭素水素を活用する実証プロジェクトに取り組むにあたり、具体的な実証内容の検討、事業可能性調査を開始すると発表した。 09/09 16:55

前へ戻る   1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

広告