三菱重工、合弁会社が風力発電の単機発電量で世界記録 24時間で19万2000kWh

2014年10月28日 19:39

小

中

大

印刷

三菱重工とデンマーク・ヴェスタス社の合弁会社が世界記録を達成した風力発電試験機「V164-8.0MW」プロトタイプ機(三菱重工の発表資料より)

三菱重工とデンマーク・ヴェスタス社の合弁会社が世界記録を達成した風力発電試験機「V164-8.0MW」プロトタイプ機(三菱重工の発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 三菱重工とデンマーク・ヴェスタス社の洋上風力発電設備専業合弁会社MHI Vestas Offshore Wind A/S(MHIヴェスタス)は、定格出力8000kWの風力発電試験機「V164-8.0MW」プロトタイプ機を用いて、24時間で19万2000kWhの発電量を達成した。単機の風力発電設備で1日に達成した発電量としては、世界最高記録である。三菱重工が28日発表した。

 「V164-8.0MW」プロトタイプ機はブレードの長さ(翼長)が80m、全体の高さが220mの世界最大の風力発電設備で、現在、型式認定の取得をめざして実証運転中である。今回の世界記録は、デンマーク北部のウスタイル試験場で10月6日から7日にかけての24時間に実施された陸上実証運転で達成された。発電量は、同試験場近郊の都市ティステッドの1日の電力需要をまかなうのに十分な量とされている。この発電データは、ウスタイル試験場を所有するデンマーク技術大学(Denmark’s Technical University、DTU)により計測された。

 MHIヴェスタスは、デンマークの世界的な風力発電機メーカーであるヴェスタスと、三菱重工が合弁で設立した会社で、今年4月に発足した。ヴェスタスは陸上風力発電設備では世界第1位、洋上風力発電で第2位のメーカーである。合弁会社はヴェスタス、三菱重工両社のノウハウ及び技術を結集し、洋上風力発電設備市場でトッププレーヤーを目指すとしている。(記事:南条 誠・記事一覧を見る

関連キーワード合弁三菱風力発電三菱重工業洋上風力発電デンマーク

広告

写真で見るニュース

  • スウェーデンの首都ストックホルムにあるノーベル博物館の扉 (c) 123rf
  • 地上階の空間設計。(画像:大阪地下街発表資料より)
  • 新型「BMW X1」。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • エクステリア(写真:トヨタ自動車発表資料より)
  • 完成した住友不動産秋葉原駅前ビル(住友不動産発表資料より)
  • 登録証と記念盾。(画像:Meiji Seikaファルマ発表資料より)
  • 結び目状をした複数の星周円盤が連星系を囲む様子 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), Alves et al.
  • 車の鍵を失くした場合は、焦らず冷静に対応することが重要である。
  • 大型低温重力波望遠鏡KAGRA (c) 国立天文台
 

広告

ピックアップ 注目ニュース