1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 政治・社会
  4.  > 社会
  5.  > 待機児童(2)

待機児童のニュース(ページ 2)一覧

安倍晋三総理は今月に入って開いた人生100年時代構想会議で幼児教育の無償化について「認可保育所への入所資格を満たしているのに入所できない子どものため、幼稚園の預かり保育も含め認可外の施設を広く無償化の対象とする」と述べた。 06/05 20:33

JPホールディングス(以下、JPHD)はいつまで「お家騒動」の原因に蓋をし、世間に公にしないのか。 05/30 11:48

エン・ジャパンが人事担当者502人を対象に「育児休業」についてアンケート調査を実施。育休取得期間が2歳まで延長できる法改正については71%の企業が認知。74%が「良い法改正」と評価。

2017年10月、改正育児・介護休業法が施行され、育児休業期間が最長2歳まで再延長可能になった。 03/01 11:37

ン:保育士の配置などについての規制を緩和し、待機児童を減らそうとする動きがある。子供・子育て支援法の改正案が閣議決定されたことで、将来的に保育園がどのように変わっていくのか興味深い。

社会問題となっている待機児童の減少についての対策は様々な角度から進められている。 02/14 12:01

就学前教育の義務教育(無償)化について、是非実現して欲しいが約6割。一方で、就学前教育の義務教育(無償)化と待機児童解消では、71.6%が待機児童解消が優先事項と回答した。

政府はこれまでの人生100年時代構想会議や与党の議論を踏まえ、今年12月に教育無償化を柱とする2兆円規模の政策パッケージを閣議決定する。 12/12 10:50

安倍晋三総理は195回国会での「所信表明演説」を17日行った。 11/19 08:07

安倍晋三総理は27日の人生100年時代構想会議で「3歳から5歳児の幼稚園、保育園は全面無償化。 10/30 10:44

生産年齢人口の減少や共働き世帯の増加などがみられるなか、政府は女性の活躍促進を成長戦略の重要政策として打ち出し、具体的政策目標として重点的に取り組むべき事項などもあげられている。

生産年齢人口の減少や共働き世帯の増加などがみられるなか、政府は女性の活躍促進を成長戦略の重要政策として打ち出し、具体的政策目標として重点的に取り組むべき事項などもあげられている。 10/26 08:01

日銀貯蓄調査によれば日本人の貯蓄動機の上位に教育資金のためがある。教育費負担が少子化の原因の一つになっていることは間違いない

安倍首相は、「人づくり革命」の目玉の一つとして幼児教育無償化を打ち出した。 10/05 08:54

保育士は離職率が高い職業の1つと言える。意識調査によると93%の保育士が、就職前の仕事のイメージと就職後の実際の仕事内容にギャップを感じたと回答。保育士の業務内容を細かに認知させることと、職場の環境改善が離職率低下のカギと言える。

厚生労働省の調査によると保育士の離職率は平成25年度で10.3%となっていて、待機児童が増加する一方で保育士の人材不足はかなり深刻に状態となっている。 10/01 21:36

安倍晋三総理は25日開いた経済財政諮問会議で「人づくり革命」実現へ、2020年度までの3年間を集中投資期間とし具体化に向けた新しい政策パッケージを策定するとした。 09/26 07:51

北九州市交通局は25日、全国初となる妊婦のバス運賃を半額にする制度を12月1日から導入することを発表した。 08/26 16:35

安倍晋三総理は14日の経済財政諮問会議で平成30年度予算の在り方について「一億総活躍社会の日本をつくるため、人づくり革命の実現に向け、歳出改革を含め、しっかりとした予算編成を行っていく」と語った。 07/16 10:07

安倍晋三総理は6日開いたすべての女性が輝く社会づくり本部で女性が活躍しやすい環境づくりへ「女性活躍に関する情報を徹底して見える化し、労働市場や資本市場で活用されるようにしていく」とした。 06/08 07:55

広告