安倍首相、認可外施設を広く無償化の対象に 幼児教育無償化で

2018年6月5日 20:33

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 安倍晋三総理は今月に入って開いた人生100年時代構想会議で幼児教育の無償化について「認可保育所への入所資格を満たしているのに入所できない子どものため、幼稚園の預かり保育も含め認可外の施設を広く無償化の対象とする」と述べた。

【こちらも】幼児教育の無償化と待機児童解消 子育て支援で求められる施策とは?

 また大学改革については個々の大学の役割・機能の明確化、外部意見の反映による大学教育の質向上、学生が身に付ける能力の見える化、学外理事登用等による大学の経営力強化、大学間の連携・統合の環境整備といった課題について明確な方向性を示すこととする、とした。

 また安倍総理は65歳以上の継続雇用年齢を引き上げるため「個人差が存在する高齢者雇用の多様性を踏まえ、一律でない評価・報酬体系を構築する」との考えを示し、会議としての基本構想とりまとめに、こうした考えを踏まえた具体案を作成するよう茂木敏充人づくり革命担当大臣に指示した。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
75歳以上の窓口負担「原則2割に」と経団連
教育無償化、政策パッケージの概要固まるも結論先送り
幼児教育の無償化と待機児童解消 子育て支援で求められる施策とは?
成長分配の好循環 地方が実感できるようにする
教育無償化、若年層の社会保障拡充 ~財源によってはむしろ将来世代の負担増となる懸念も

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード安倍晋三幼児待機児童茂木敏充

「国内政治」の写真ニュース

政治・社会の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_society

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース