安倍首相、全世代型社会保障へ3千億円拠出を産業界に要請

2017年10月30日 10:44

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 安倍晋三総理は27日の人生100年時代構想会議で「3歳から5歳児の幼稚園、保育園は全面無償化。0歳から2歳児についても待機児童解消を進めるとともに、所得の低い世帯について無償化する」など全世代型社会保障制度への取り組みへ「年内に2兆円規模の政策を取りまとめる」とし、産業界に対して「3000億円程度の拠出を検討頂きたい」と拠出を要請した。

【こちらも】全世代型社会保障への政策を強調、安倍首相

 安倍総理は「格差固定化を防ぐため、どんな貧しい家庭に育っても意欲さえあれば専修学校、大学に進学できる社会へと改革する。所得の低い家庭の子供たち、真に必要な子供たちに限って高等教育の無償化を実現する。授業料の減免措置の拡充と併せ、必要な生活費を全て賄えるよう『給付型奨学金』の支給額を大幅に増やす」と述べた。

 また「介護離職ゼロに向け介護人材確保のため、他産業との賃金格差をなくしていくよう、更なる処遇改善を進める」と語った。

 そのうえで、安倍総理は年内に2兆円規模の政策を取りまとめるとし、財源について「大宗は消費税率引き上げによる増収分の使い道を見直し活用していく。これらの点は自民党として今回の選挙で公約したし、国民との約束と考えている」とし、消費税2%引き上げ時に1%を社会保障に、1%を財政健全化への借金返済にあてる考えを改めて語った。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
PBの黒字化達成時期を示すが必要ある 総理
自公の圧勝、大いに歓迎すると経団連会長
三大都市圏 8月バイト時給上昇で最高更新 最低賃金引き上げ反映か

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード所得安倍晋三消費税自民党社会保障選挙介護待機児童給付型奨学金

広告

写真で見るニュース

  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
  • 雇用のあり方の変化は会社が求める能力にも影響している
  • 特別塗装機「ミニオンジェット2」(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 水族館の完成イメージ。(画像:アクア・ライブ・インベストメント発表資料より)(c) Toshimaro IIDA Architectural Design
  • フルーツ ヨーグルト ブラン。(画像:クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン発表資料より)
  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース