1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 経済
  4.  > 消費支出(1)

消費支出のニュース一覧

統計局が家計調査報告2019年を公表。10~12月期の総世帯の消費支出は1世帯当たり24万7264円

2018年からの世界経済の減速を受けて景気回復の腰折れが懸念されてきた。 02/13 09:22

■I.米国株式市場 ●1.良い経済情報で株価は驚異の回復(1)1月の米供給管理協会(ISM)の製造業景況指数は半年ぶりに50超え 02/10 09:48

諸外国でクレジットカードやスマートフォンによる決済が中心になるなか、日本でもキャッシュレス決済を導入していこうという政策が進められている。システムなどの観点から不安の声もきかれるが、市民生活になじむよう積極的な取り組みが必要となる。

クレジットカードなどで商品やサービスへの支払いを行うキャッシュレス決済が推進されている。 04/08 08:49

総務省が発表した家計調査報告によると、2人以上世帯における収入や支出の減少が続いており、支出の中でも食費や衣料費が減っていることが分かった。 07/08 20:59

4年連続で家計の消費現象が続いている。その反面、世帯全体の収入の金額は増加傾向にあることから、増えた収入の分は消費ではなく貯蓄に回している世帯が多いことがわかる。

総務省は、2017年の家計調査について4年連続で減少したと発表した。 03/07 11:15

10月27日17:40(すべて日本時間)ごろには1ドル113円93銭と114円台を割り込んでいたが、21:30の7~9月GDP速報値の発表によってポジティブサプライズとなり、1ドル114円45銭まで上昇した。 10/28 10:41

2020年の五輪開催やインバウンド需要の拡大によりキャッシュレス化が求められているなか、日本でのキャッシュレス決済は、決済額及び民間最終消費支出に占める比率ともに増加傾向にはあるが、海外諸国と比較するとまだまだ低い。

スマートフォンの普及やITサービスの台頭、仮想通貨の普及などにより世界各地でキャッシュレス化が推進されている。 10/27 19:27

日銀貯蓄調査によれば日本人の貯蓄動機の上位に教育資金のためがある。教育費負担が少子化の原因の一つになっていることは間違いない

安倍首相は、「人づくり革命」の目玉の一つとして幼児教育無償化を打ち出した。 10/05 08:54

9月25日発表の政府月例報告によれば、日本経済は引き続き緩やかながら回復基調にあり、高度成長期の長期拡張「いざなぎ景気」を超えるとも言われている。しかし、その実感が伴っていない。その背景を「月例報告書」から分析する。

9月25日、内閣府は「月例経済報告」を公表した。 10/05 08:52

9月29日(すべて日本時間)に発表された米8月PCEは厳しい結果となった。 09/30 10:55

年内の追加利上げ観測は高まっているものの、トランプ大統領が掲げる大規模な税制改革に対しては厳しい見方が多くなってきた。 09/29 17:45

米国の好調な経済指標の結果や、FOMCの発表の内容から12月の追加利上げ観測が高まり、今週のドルは堅調に推移した。 09/23 22:12

9月2日(すべて日本時間)は、前日の7月個人消費支出(PCE)、PCEコアデフレーターの結果から米国経済のインフレ低迷が示され、1ドル110円台を割り込むシーンも見られたが、軒並み110円を挟んだわずかな上下で安定していた。 09/02 16:46

8月ADP雇用統計、第2四半期のGDP改定値がともに好調だったことから、ドルは堅調に推移していたが、インフレの低迷が再確認されるとやや値を下げている。 09/01 13:31

 1 2 3 4  次へ進む

広告

広告

写真で見るニュース

  • AI画像診断支援ソリューション画面例(画像: NTTデータの発表資料より)
  • カングーイラスト入りマカロン「マカロンデー×ルノー スペシャルパッケージ」(画像: ルノー・ジャポンの発表資料より)
  • 追加された機能のイメージ。(画像: One Tap BUYの発表資料より)
  • (c) 123rf
  • ユープレイスの外観イメージ(ピーアンドディコンサルティング発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告