1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 佐賀県(2)

佐賀県のニュース(ページ 2)一覧

佐賀県武雄市は、TSUTAYAを運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)に市立図書館の運営を委託していることで良い意味でも悪い意味でも有名となったが、この武雄図書館に対して市民が新聞に批判的な投書を行ったところ、市の幹部らが投稿者の自宅やその家族の職場にやってきて説明を行ったそうだ(朝日新聞)。 03/31 08:28

長崎・ハウステンボスでは、約50店舗の九州グルメが集まる「第7回九州ご当地グルメ王者決定戦」を2017年4月8日(土)、4月9日(日)に開催。 03/26 17:47

全国の警察本部で警察官採用試験の受験資格としていた体格基準や年齢制限を緩和している。背景には警察の人材確保の難しさがある。

有効求人倍率が過去最高となり、団塊世代の大量退職も相まって、企業の人手不足が報じられている。 03/05 18:42

九州電力玄海原発(佐賀県)の3号機、4号機の再稼働について、長崎県が地元の佐賀県だけでなく原発から30キロ圏にある長崎県内の平戸市など4市での住民説明会も行うよう国に求めていた件で、3月15日から21日までの間に5会場で「発電所の安全対策、エネルギー対策、防災対策」についての住民説明会が開かれることになった。 02/19 07:39

高病原性鳥インフルエンザの発生が続いている。北は北海道から南は宮崎県まで、昨年11月から全国で感染が相次いでおり、感染経路の究明が急がれている。主な感染源は野鳥だと考えられているため、もしも死骸を見つけても、不用意に触れないことが大事だ。

高病原性鳥インフルエンザの発生が続いている。 02/09 12:53

佐賀県窯業技術センターが、一般的な磁器と比較して最大5倍の強度を持つという磁器素材を開発した(読売新聞、佐賀県窯業技術センターの発表)。 02/06 17:11

トラフグの刺身。(写真:t-mizo/flickr)

佐賀県と同県の水産業者から請願されていた、独自技術で育てた「無毒トラフグ」の肝臓の食用化について、内閣府食品安全委員会の専門調査会が7日、「安全性を保証できない」として却下する方針をまとめた。 12/08 17:00

日本アジアグループ傘下の国際航業は「佐賀・厳木ソーラーウェイ」太陽光発電所の増設工事が完了したと発表した。(写真:同社発表資料より)

日本アジアグループ傘下の国際航業は2日、このたび佐賀県唐津市で「佐賀・厳木(きゅうらぎ)ソーラーウェイ」太陽光発電所の増設工事が完了したと発表した。 09/02 21:11

オリジナル描きおろしイラスト【トド松×佐賀牛R】

テレビアニメ「おそ松さん」とのコラボレーション企画「さが松り~佐賀も最高!!!!!!~」を実施している佐賀県は、佐賀県唐津市を舞台に7月25日(月)から8月28日(日)の期間限定で開催されるイベントの詳細を発表した。 07/26 18:48

中谷元防衛大臣は佐賀県の山口祥義知事に対し、29日、陸上自衛隊が導入するオスプレイMV22の佐賀空港への配備に理解を求める一方、反対の声が強い米軍普天間飛行場所属のオスプレイでの米軍海兵隊訓練移転については要請を見送る意向を伝えた。 10/30 10:51

前へ戻る   1 2

広告

広告

写真で見るニュース

  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告