アニメ『ゾンビランドサガ』続編決定!佐賀出身・江頭2:50の合図で発表

2019年7月28日 19:07

小

中

大

印刷

2018年に放映されたTVアニメ『ゾンビランドサガ』のライブイベントが、7月27日に物語の舞台である佐賀県でおこなわれた。

 会場では、佐賀県・山口祥義知事からのビデオメッセージが流れ、佐賀県出身のお笑い芸人、江頭2:50の合図で続編となる『ゾンビアイランドサガ リベンジ』の製作発表が行われ、イベントを盛り上げた。

■『ゾンビアイランドサガ』続編が製作!

 7月27日、『ゾンビアイランドサガ』の続編となる『ゾンビアイランドサガ リベンジ』の製作が発表された。

 この情報は佐賀・唐津市ふるさと会館アルピノにて開催されたライブイベント「ゾンビランドサガLIVE ~フランシュシュみんなでおらぼう!~in SAGA」内で発表されたものだ(おらぼうは、佐賀弁で「叫ぼう」の意)。

 壇上では佐賀県出身のお笑い芸人・江頭2:50の合図で続編VTRが解禁され、映像には同じく佐賀県出身の俳優・白竜が登場。キービジュアルには劇中アイドル「フランシュシュ」のプロデューサー・巽幸太郎がシャツをはだけさせ叫んでいる姿と、「復讐という名の続篇」の文字が描かれている。

 放送日やキャストなどの詳細は未定。

■ゾンビ少女たちが佐賀県を救う「ご当地アイドル」に?

 『ゾンビアイランドサガ』とは、ゾンビとして生き返った少女たちが、彼女たちのプロデューサーである巽幸太郎に導かれながら、「佐賀県」を救う“ご当地アイドル”として活動するTVアニメだ。2018年10月より3カ月、全12話が放映。当初のキャッチコピーは「私たち、生きたい。」だったが、第1話放送以降は「私たち、生きたい!」へ変更されている。

 また「フランシュシュ」とは、劇中にてさまざまな時代の少女たち7人がゾンビとして蘇り、巽のプロデュースで結成されたアイドルグループを指し、イベントなどでは彼女らの声を担当する7人の女性声優ユニットが担当している。

 佐賀県では以前もゲーム『ロマンシング サ・ガ』とコラボをした『ロマンシング佐賀』や、人気スケートアニメ『ユーリ!!!On ICE』などとコラボを展開していた。

 続編がどのような作品となるのか楽しみだ。

https://www.youtube.com/watch?v=SIbalh5iJkE
TVアニメ続編「ゾンビランドサガ リベンジ」キックオフムービー(記事:高塔・記事一覧を見る

関連キーワード佐賀県

関連記事

広告

財経アクセスランキング