茨城県、県別魅力度ランキングで最下位脱出 NHKなどが速報で伝える

2020年10月14日 17:44

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

調査会社ブランド総合研究所が行った県別魅力度ランキングで、7年連続で全国最下位だった茨城県が最下位を脱出したそうだ。これについて茨城新聞電子版やNHKの地域ニュースは速報で伝えている(ダイヤモンドNHK茨城新聞)。

今回、茨城は都道府県別で過去最高となる42位を達成した。この調査は過去に12回行われていたが、茨城は2012年の調査で46位を取った以外はすべて最下位だった。茨城新聞では、茨城県がプロモーション戦略チームを置いたり、県内企業が「いばらきビリ県脱出連絡会議」を発足させ、魅力の発信に注力したことが奏功したとしている。なお44位は福井県、45位は佐賀県、46位は徳島県、最下位は栃木県となっている。 

スラドのコメントを読む | 日本

 関連ストーリー:
宇宙ベンチャーが高高度気球により「雲の遥か上を滑空する水戸納豆」を撮影 2020年10月06日
国立科学博物館が名機「YS-11」の組み立て作業をライブ配信中 2020年09月16日
茨城県・五浦海岸に巨大油ガス田の痕跡が見つかる。茨城・北海道大学の研究チーム 2020年07月16日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード茨城県栃木県福井県徳島県佐賀県NHK

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • フォレスター「SPORTS」(画像: SUBARUの発表資料より)
  • ポルシェ・タイカン(画像: ポルシェAGの発表資料より)
  • インドで発表されたコンパクトSUV日産マグナイト(画像:日産自動車の発表資料より)
  • 木星を周回し火山から噴煙を上げる衛星イオのイメージ (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), I. de Pater et al.; NRAO/AUI NSF, S. Dagnello; NASA/JPL/Space Science Institute
  • おとめ座付近にある多数の恒星によるシェル状構造 (c) レンセラー工科大学
  • クラウドファンディングで販売されているLanmodo NVS Vast Proの利用イメージ画像。(画像: TS TRADE発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース