トヨタ、FCVのシステム利用した燃料電池発電機を開発 本社工場で実証開始

2019年9月22日 21:37

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

トヨタ本社工場に設置したFC発電機、大きさは2.3×4.5×2.5 mで定格出力100kWだという

トヨタ本社工場に設置したFC発電機、大きさは2.3×4.5×2.5 mで定格出力100kWだという[写真拡大]

写真の拡大

 トヨタ自動車は、燃料電池自動車(FCV)MIRAIに搭載されている燃料電池システム(FCシステム)を活用した定置式の燃料電池発電機(FC発電機)を開発し、愛知県豊田市の本社工場敷地内に設置して、実証運転を開始したと発表した。

 今回導入したFC発電機は、MIRAIに搭載されているFCスタック、パワーコントロールユニット(PCU)、2次電池などのFCシステムをそれぞれ2セット使用したユニットだ。この発電機は、MIRAIのFCシステムを活用することにより高性能で安価な機器の製造を目指して、トヨタとトヨタエナジーソリューションズが共同で開発したシステム。

 今回の実証では、この発電機で発電した電力を本社工場内で利用するため、定格出力を100kWとして毎日、24時間連続で運転し、水素使用量当たりの発電量などのエネルギー効率、発電出力の安定性、耐久性、メンテナンス性等の検証・評価を行なう。

 今後は、今回の実証結果を踏まえ、工場での自家発電設備としてFC発電機の導入を拡大する。また、燃料となる水素は、FC関連部品の製造工程、評価・試験工程から排出される水素を再利用することで、水素の効率的な活用技術の開発と導入を進めていく予定だという。この実証を通じて2015年に発表した「トヨタ環境チャレンジ2050」のひとつである「工場CO2ゼロチャレンジ」の実現に向けて、製造段階でのCO2排出量低減に着実に取り組んでいくとしている。

 さらに、トヨタは、FCV開発で培ったFCシステムの活用拡大の一環として、FC発電機の実用化を視野に、エネルギー効率や耐久性向上・コンパクト化・コスト低減等の商品力強化に向けた研究・開発とビジネスモデルの検討を進めていく予定だという。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
トヨタ、オリンピック・パラリンピックに向けた専用ロボット開発、公開
「2ペダルが3ペダルを駆逐する」、MT車主流の欧州でも進む2ペダル化とその理由
トヨタ、2017年発表の電動化計画5年前倒し、グループで開発が進む電動関連技術
トヨタ、中国向けに初投入となるEV・2機種、上海モーターショーで発表
トヨタ、HVなど電動車関連技術の特許約2万3740件を無償で開放すると発表

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードトヨタ自動車燃料電池燃料電池自動車MIRAI

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新キャラクターのデザイン(画像: ヤマトホールディングスの発表資料より)
  • フランクフルトモーターショーで話題となったフォルクスワーゲン・ID.3(画像: フォルクスワーゲン発表資料より)
  • 自動手荷物預け機のイメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 「ザ・コラーゲン B-Shot」(画像: 資生堂の発表資料より)
  • 第46回東京モーターショーでダイハツが出展する予定のコンセプトカー「WakuWaku(ワクワク)」(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • 2020年2月にヴィッツから改名されて発売されるトヨタ・ヤリス(画像: トヨタ自動車発表資料より)
  • 撮影された全天球画像を平面図に置き換えたもの。(c) JAXA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース