1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > IT・サイエンス
  4.  > 宇宙技術・天体
  5.  > 国立天文台(1)

国立天文台のニュース一覧

双子原始星からのふぞろいな分子流と円盤の想像図 (c) 国立天文台

東京大学や国立天文台の研究者から成る研究チームは、双子原始星「VLA 1623A」をアルマ望遠鏡で観測し、それぞれの原始星から不揃いな分子流が噴出していることを発見した。 09/17 07:49

EHTが撮影した銀河M87中心の巨大ブラックホール (c) EHT Collaboration

国立天文台は9月6日、同天文台の研究者も所属するEHTチームに、2020年の基礎物理学ブレークスルー賞授与が決定したと発表した。 09/11 09:05

アルマ望遠鏡がとらえた木星の電波画像。明るい帯は、大気が下降する領域となる高温域、暗い帯は、大気が上昇する領域となる低温域を示す。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), I de Pater et al.; NRAO/AUI NSF, S. Dagnello

カリフォルニア大学バークレー校の研究チームは、アルマ望遠鏡を用いた電波観測により、木星表面から50km下までの大気の状態をとらえ、雲の下に広がるアンモニアガスの3次元分布図を作成した。 09/03 17:16

左が、今回観測をした領域のハッブル宇宙望遠鏡による画像。それぞれ何も写っていない場所に、アルマ望遠鏡では巨大星形成銀河の画像(右側)が撮影された。(c) 東京大学/CEA/国立天文台

東京大学や国立天文台らの国際研究チームは8日、アルマ望遠鏡を用いた観測により、ハッブル宇宙望遠鏡では観測できていなかった巨大銀河(巨大星形成銀河)を、過去の宇宙において多数発見したと発表した。 08/11 19:45

国立天文台の野辺山宇宙電波観測所については財政難のため閉鎖の危機もあるとされているが、この観測所で毎年行われている特別公開の規模が今後縮小される方針だという。 08/08 22:26

DESHIMAが観測したオリオン大星雲に存在する複数分子からの電波 (c) DESHIMA Project Team/Endo et al.

国立天文台は6日、最先端の超伝導技術を駆使した高性能の電波観測装置「DESHIMA」を開発し、電波観測に成功したことを発表した。 08/08 21:07

天の川銀河の中心に位置する超大質量ブラックホールとその周辺を公転するS0-2の想像図 (c) Nicolle Fuller/National Science Foundation

アインシュタインが提唱した一般相対性理論。 07/30 19:27

FUGINプロジェクトで得られたガス雲の分布。低密度ガス雲(左)に比べて、高密度ガス雲(右)はごく一部でのみ検出されていない。(c) 国立天文台

国立天文台は7月24日、天の川銀河では、星の生産現場となる高密度ガス雲が、低密度ガス雲の量に対してごく少量しか存在しないとした研究成果を発表した。 07/29 08:15

研究の概要図(写真:京都大学の発表資料より)

生命が居住可能なハビタブルゾーン。 07/17 17:40

アルマ望遠鏡が2017年12月に撮影した天王星とその環 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO); Edward M. Molter and Imke de Pater)

可視光線では検出の難しい天王星の環。 07/02 06:28

アルマ望遠鏡が観測した「うみへび座TW星」を取り巻く原始惑星系円盤。観測では、円盤の南西側(図右下側)に周囲より電波を強く放つ小さな場所が発見された。 (c) ALMA(ESO/NAOJ/NRAO), Tsukagoshi et al.

国立天文台は26日、原始惑星系円盤の中で惑星が形成されている証拠を発見したと発表した。 06/28 08:18

銀河系の概念図。(画像:東北大学発表資料より)

我々のいるこの銀河系の半径は52万光年ほどであったらしい。 06/22 16:59

アルマ望遠鏡とハッブル宇宙望遠鏡で撮影したB14-65666。塵、炭素、酸素がそれぞれ、赤色、黄色、緑色で表現されている。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), NASA/ESA Hubble Space Telescope, Hashimoto et al.

国立天文台は18日、運営するアルマ望遠鏡が遠方天体B14-65666から酸素、炭素、塵が放出する電波の検出に成功したと発表した。 06/20 09:12

すばる望遠鏡が撮影した、PDS 70を取り囲む原始惑星系円盤の近赤外線観測画像。(c) 国立天文台

誕生してまだ600万年しか経過していないPDS70という恒星は、2012年に国立天文台、プリンストン大学、神奈川大学、ミシガン大学、工学院大学、オクラホマ大学などの研究者を中心とする国際研究チームによって、その周りの原始惑星系円盤に大きな隙間が存在していることが突き止められていた。 06/06 09:10

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

広告