1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 政治・社会
  4.  > 社会
  5.  > 農林水産省(1)

農林水産省のニュース一覧

農林水産省の発表によると、昨年10月以降の好天により多くの野菜で生育が良好な中、北海道のたまねぎが小玉傾向だったことから比較的高値となっていることが分かった。 02/03 10:13

最近では節分に「恵方巻」と呼ばれる太巻きを食べる風習が全国的に広まっているが、それに合わせてスーパーなどが大量に恵方巻を店頭に並べるようになり、多くの売れ残りが廃棄されることが問題となっている。 01/15 22:38

近年「コメ離れ」が著しい。農家や自治体、国が知恵を絞って、日本の主食であるコメの復権を果たすことを期待したい

日本ではコメが主食の一つであることに疑問の余地はないだろう。 11/14 09:24

農林水産省の発表によると、多くの野菜で価格が平年並みに落ち着いている中、悪天候や台風の被害により北海道や千葉県で生育不良が続くニンジンの高値が続いていることが分かった。 11/08 11:53

日本では近年、各地で豪雨や台風での被害が相次いる。 10/25 14:38

セリーナ・オナン・チャンセラー飛行士と「こうのとり」7号機搭載の生鮮食品。(c) JAXA / NASA

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は4日、9月23日に打ち上げ、28日に国際宇宙ステーション(ISS)に結合した「こうのとり」7号機によって、日本の国産生鮮食品をISSに搭乗する宇宙飛行士に届けたことを発表した。 10/06 12:26

農林水産省の発表によると、キャベツ、レタス、はくさいなどの葉物野菜の生育が順調で安値となっている一方、にんじん、ねぎ、トマト、ほうれんそうなどが高値となっていることが分かった。 09/16 17:36

農林水産省は食品への異物混入を防止するため、検品作業の自動化への技術開発を2019年度から行う。いずれは企業が自信をもって、製造段階では異物混入があり得ないと言い切れる時代が来るのかもしれない。

農林水産省は食品への異物混入を防止するため、検品作業の自動化への技術開発を2019年度から行う。 09/04 11:07

放射線を使った殺菌は、対象を加熱せずとも殺菌できるという利点がある。 08/15 10:35

オーガニックといえば、今では農作物だけに留まらず、自然の生き物や生き方を大切にするライフスタイルそのものを表す言葉としても使われはじめている

今、日本市場を動かすカギが「オーガニック」と言われている。 08/12 22:03

農林水産省の発表によると、6月の長雨や日照不足、7月中旬以降の高温や少雨により、多くの野菜が生育不良となり、高値になっていることが分かった。 08/05 17:14

REARS(リアーズ)は、飲食店の余剰食材を使ったメニューをユーザーへ月額2,980円の定額制で提供するシェアリングサービス「フードパスポート」アプリを、10月にリリースする。 08/01 11:42

食後血糖値との関係で、学校給食や食育の場面で従来奨励されてきた「三角食べ」の食事法が揺らいできている。 07/29 20:55

買い物代行サービスのチラシ(ライフコーポレーション発表資料より)

首都圏と近畿圏でスーパーマーケットをチェーン展開するライフコーポレーションは25日、シンガポールのhonestbee(オネストビー)と提携して26日から買い物代行サービスを始めることを明らかにした。 07/26 07:55

 1 2 3  次へ進む

広告

写真で見るニュース

  • 2018年7月に実施された実証実験時の様子。(画像:セコムの発表資料より)
  • 新型「KATANA」。(画像:スズキ発表資料より)
  • 金農パンケーキ~ブルーベリー&ホイップクリーム~。(画像:ローソン発表資料より)
  • ポーランドのワルシャワにあるニコラウス・コペルニクスの像。
  • 米月周回無人衛星「ルナー・リコネサンス・オービター 」が撮影した月の裏側 (c) NASA/GSFC/Arizona State University
  • ファイナルファンタジーXIVウエディングオリジナル演出。4K対応の大迫力スクリーンの前で、オリジナル証明書へのサイン。(画像:ブライダルハート発表資料より)
  • SBXC039。(画像:セイコーウオッチ発表資料より)
  • 「派遣BOARD」のイメージ。(画像: ハケンボード発表資料より)
  • 今回発見が報じられた天体 (c) Vasilii Gvaramadse/Moscow University
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告