1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 政治・社会
  4.  > 社会
  5.  > 農林水産省(2)

農林水産省のニュース(ページ 2)一覧

農林水産省は食品への異物混入を防止するため、検品作業の自動化への技術開発を2019年度から行う。いずれは企業が自信をもって、製造段階では異物混入があり得ないと言い切れる時代が来るのかもしれない。

農林水産省は食品への異物混入を防止するため、検品作業の自動化への技術開発を2019年度から行う。 09/04 11:07

放射線を使った殺菌は、対象を加熱せずとも殺菌できるという利点がある。 08/15 10:35

オーガニックといえば、今では農作物だけに留まらず、自然の生き物や生き方を大切にするライフスタイルそのものを表す言葉としても使われはじめている

今、日本市場を動かすカギが「オーガニック」と言われている。 08/12 22:03

農林水産省の発表によると、6月の長雨や日照不足、7月中旬以降の高温や少雨により、多くの野菜が生育不良となり、高値になっていることが分かった。 08/05 17:14

REARS(リアーズ)は、飲食店の余剰食材を使ったメニューをユーザーへ月額2,980円の定額制で提供するシェアリングサービス「フードパスポート」アプリを、10月にリリースする。 08/01 11:42

食後血糖値との関係で、学校給食や食育の場面で従来奨励されてきた「三角食べ」の食事法が揺らいできている。 07/29 20:55

買い物代行サービスのチラシ(ライフコーポレーション発表資料より)

首都圏と近畿圏でスーパーマーケットをチェーン展開するライフコーポレーションは25日、シンガポールのhonestbee(オネストビー)と提携して26日から買い物代行サービスを始めることを明らかにした。 07/26 07:55

農林水産省の推計によれば、自宅近くにスーパーマーケットなどがないために買い物に困難を覚える65歳以上の高齢者、いわゆる「買い物難民」が2015年時点で824万6000人にのぼった。今後は官民一体となった具体的な対策が必要になるだろう。

農林水産省の推計によれば、自宅近くにスーパーマーケットなどがないために買い物に困難を覚える65歳以上の高齢者、いわゆる「買い物難民」が2015年時点で824万6000人にのぼった。 07/13 20:58

買い物代行サービスの対象エリア(西鉄ストア発表資料より)

西鉄グループの西鉄ストアは7月2日、北九州市八幡東区で買い物代行サービスを始める。 06/29 06:35

2017年の農林水産物と食品の輸出が過去最高の8037億円を達成した。しかし日本政府はこの分野での目標を1兆円と定めており、目標との間にはなおhギャップがある。

日本から輸出される農林水産物には加工食品をはじめ様々なものがある。 02/20 11:57

日本は世界より早いペースで気温が上昇している。 02/19 19:13

農林水産省や警察庁の発表により、交通死亡事故における高齢者の割合が増えるとともに、農作業死亡事故における高齢者の割合も増加していることが分かった。 02/18 16:26

日本電機工業会が発表した民生用電気機器の2017年出荷実績は、ルームエアコンの買い替え需要などを受けて、2年連続で前年を上回ったことが分かった。 01/26 11:13

農林水産省の調査によると、秋から初冬にかけての天候不順により、大根、白菜、キャベツ、レタスで高値が続く一方、昨年同時期に不作だったジャガイモが平年並みの価格見通しとなっていることが分かった。 12/31 17:31

広告

写真で見るニュース

  • Disk画像の一例 (c) NASA
  • AI画像診断支援ソリューション画面例(画像: NTTデータの発表資料より)
  • カングーイラスト入りマカロン「マカロンデー×ルノー スペシャルパッケージ」(画像: ルノー・ジャポンの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告