「退位一代限りでも皇室典範改正が必要」自民・石破氏

2017年2月21日 09:04

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 天皇陛下の退位に関する法整備について20日、衆参両院の正副議長が各会派に意見陳述を求めたのに対し、自民党の高村正彦副総裁は「現在の陛下一代に限り退位を特別立法で認めるべき」との党としての見解を伝えた。

 しかし自民党重鎮のひとり、石破茂前国務大臣は「特別立法による一代限りのものか、皇室典範改正による恒久制度創設か」では民進党、日本共産党、自由党、社会民主党と同じ「皇室典範で恒久制度として定めるべき」との意思を先月末、意見書にまとめ党懇談会に提出している。

 石破茂前国務大臣は憲法第2条に「皇位は、・・・国会の議決した皇室典範の定めるところにより、これを継承する」とあり、「皇位継承に関わる事柄は皇室典範によるべきものであり、皇室典範を改正しないままに生前退位を可能にすることは、憲法に抵触する恐れが極めて大きい」と危惧。

 また特別法で対応したとしても「皇室典範8条」に「皇嗣たる皇弟を皇太弟という」という一文を付加するか、全文を「皇位継承順位第1位の皇族を皇嗣とし、皇太子とする」と改めることが必要となると指摘。「陛下一代限りの場合でも、皇室典範の改正は行われければならない」と述べている。

 石破前国務大臣は「国民の総意を体現するには、衆参のすべての議員が出席し、全会一致が望ましい。定足数をみたす出席議員の過半数で可決・成立すればよいというものではない」と数の力で通す性質のものでないことを強く訴えている。

 民進党の野田佳彦幹事長は同日の意見陳述後の会見で「各党間で全体会議を何回か行って、お互いの党の意見に真摯に耳を傾けて疑問をぶつけあい、成案を得るような場が必要なので、全体会議の場を積極的につくってほしいと求めた。大島理森衆院議長からは『そういう運びでいきたい』との話があった」とした。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
きちんと結論出せる努力を各党互いにと野田氏
有識者会議は安倍政権の方向を後押し 又市氏
政府が特例法前提にしていること明らかと問題視
「皇室典範改正に落ち着くのが自然では」野田氏
「時期予測せず静かな環境で議論深める」総理

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード自民党民進党共産党石破茂憲法社会民主党天皇高村正彦大島理森野田佳彦自由党国会皇室典範

関連記事

広告