1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 環境・エコ
  4.  > 水素(4)

水素のニュース(ページ 4)一覧

ドイツで世界初となる、水素を使った燃料電池を動力源とする列車の運行実験が実施された。 04/21 11:30

9月に土星の大気圏へ突入してミッションを終了する土星探査機「カッシーニ」だが、2015年に土星の衛星「エンケラドス」周辺を通過した際に観測したガスに、水素分子が含まれていたことが明らかになった。 04/17 07:30

昨年9月に発行が始まったポリマー製の英5ポンド紙幣は、原料のポリマーペレットに微量の獣脂が添加されていることが判明して問題となった。 04/03 05:04

岐阜大学と澤藤電機が共同で、アンモニアから水素を製造する装置を開発したと発表した(発表PDF、岐阜新聞)。 03/24 16:57

岐阜県土岐市の大学共同利用機関法人・自然科学研究機構の核融合科学研究所が、大型ヘリカル装置(LHD)を用いた重水素実験を開始する(1月17日の発表)。 03/08 18:31

消費者庁がダイエット効果や肩こり軽減効果、血糖値の急上昇抑制効果などをうたって「水素水」を販売していたとして、景品表示法違反で3社に行政処分を行った(ハフィントンポスト、NHK、朝日新聞)。 03/06 16:58

消費者庁は3日、販売されている水素水やサプリメントなど水素関連食品において効果を表示した内容が景品表示法に違反しているとして、販売元の3社に再発防止策などを求める命令を出した。 03/04 06:59

今年1月にハーバード大学の研究者らが作製に成功した「金属水素」が、消失した(GIGAZINE、Independent)。 03/01 11:32

トヨタが東京都交通局へ納車した最初の燃料電池バス(FCバス)の都営路線バス仕様車

トヨタ自動車は、トヨタブランドで販売する最初の燃料電池バス(FCバス)を、東京都交通局へ納車した。 02/25 11:42

Hondaブースイメージ(本田技研工業の発表資料より)

本田技研工業(ホンダ)は24日、3月1日から3日まで東京ビッグサイトにて開催される「FC EXPO 2017(第13回[国際]水素・燃料電池展)」に、燃料電池自動車(FCV)「CLARITY FUEL CELL(クラリティ フューエル セル)」や、低炭素な高圧水素ガスの製造・供給を可能とした「スマート水素ステーション(SHS)」などを出展すると発表した。 02/24 17:15

トヨタとデンソーが共同で開発した、新設計「FLAD」基材を用いた新型排出ガス浄化触媒の概念図

トヨタ自動車は、自動車排出ガス浄化触媒の基材で、触媒の中心部と周辺部で断面積が異なるセルを一体成形した、世界初となる新設計「FLAD」基材を用いた新型の触媒を製品化することに成功した。 02/23 11:50

FCV普及を進め、カリフォルニア州政府のCO2削減目標達成を支援するため、トヨタと石油大手シェルが手を組んだ。写真はトヨタのFCV「MIRAI」

石油大手シェルとトヨタは、燃料電池自動車(FCV)の普及に向け、米国カリフォルニア州における水素ステーション網の拡充で協力すると発表した。 02/22 09:10

「電解水素水」製造器(整水器)などを販売する日本トリムが、「電解水素水の細胞内活性酸素除去能力は水素水の5倍。 02/22 09:07

二酸化炭素と水、空気から電力を生み出す技術が開発されたそうだ(PHYS.ORG、Engadget Japanese)。 02/18 11:42

前へ戻る   1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

写真で見るニュース

  • 画像はイメージです。
  • 国内で販売を終了する「パジェロ」の特別仕様車「FINAL EDITION」。(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • 「かるびマック」(画像:日本マクドナルド発表資料より)
  • マークX特別仕様車 250S
  • 1992年までわんぱくランドで稼働した「お城観覧車」(バンダイナムコアミューズメント発表資料より)
  • WAKAZEの定番商品ラインナップ(画像: WAKAZEの発表資料より)
  • 土星探査機カッシーニが明らかにしたタイタン北半球の海や湖 (c) NASA/JPL-Caltech/Univ. Arizona/Univ. Idaho
  • 「十勝産とうきびのスープ」(写真:ローソンの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告