JAXA、タカラトミーらと変形型月面ロボット開発 2022年に打上げ予定

2021年6月1日 18:12

印刷

記事提供元:スラド

JAXAはタカラトミー、同社大学、ソニーと共同で変形型月面ロボットの開発を行ったそうだ。現在、JAXAはトヨタと協力して与圧式月面探査車「LUNAR CRUISER」の開発を行っているが、今回開発されたロボットは、LUNAR CRUISERの自動運転技術および走行技術を確立するため、月面走行に必要な画像データ等の取得を目的として開発されたものだという(JAXA同志社大学ニュースイッチITmedia)。

変形型月面ロボットは直径約8cmほどで重量は約250gとなっている。球が左右に分かれ車輪に変形、中央部分からセンサー部分が出てくるといった仕様のようだ。タカラトミーが関わっていることからトランスフォーマーなどとの声もネットではあるようだ。2022年に打上げ予定となっており、ispaceの月着陸船によって月面に輸送される予定となっている。

あるAnonymous Coward 曰く、 JAXAおよびタカラトミーが2016年より開発していた変形型月面ロボットが、2022年に打上げられる運びとなったようです。

  情報元へのリンク

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | サイエンス |

 関連ストーリー:
JAXAとトヨタ、与圧式月面探査車の愛称を「LUNAR CRUISER」に決定 2020年08月29日
NASAが月面で使用する与圧式有人探査車、トヨタが製造する可能性 2020年07月19日
月に進出して一攫千金を狙う「ムーンラッシュ」、ブームとなるか 2019年03月15日
トヨタ自動車とJAXA、有人月面車開発で協力へ 2019年03月14日
Google Lunar XPRIZEからチームインダスが脱落か、相乗り予定のHAKUTOはどうなる? 2018年01月11日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードソニートヨタ自動車ロボット自動運転タカラトミー宇宙航空研究開発機構(JAXA)

関連記事