Firefox 85リリース、メジャーブラウザーの大半でFlashサポートが削除される

2021年1月29日 20:49

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

headless 曰く、 Mozillaは26日、Firefox 85.0をリリースチャンネルで提供開始した(リリースノート)。

本リリースではFlash Playerのサポート機能が削除され、アドオンマネージャーの「プラグイン」のリストにも表示されなくなる。Chromiumではバージョン88でFlash Playerのサポートが削除されており、Google Chromeや新Microsoft Edgeを含むChromium系ブラウザーでは今月リリースされたバージョンでChromium 88に移行している。Appleは昨年Safari 14でFlash Playerのサポートを削除しているため、メジャーブラウザー最新版でFlash Playerのサポート機能が削除されていないのはInternet Explorer 11とレガシーMicrosoft Edgeのみとなる。

Adobeは12日からFlashコンテンツのブロックを開始しており、Flash Playerがサポートされる環境ではFlashコンテンツの代わりにFlashサポート終了に関する情報ページへのリンクが表示されるようになっている。Chromium 88ベースのブラウザーではFlashサポート終了のメッセージとともにFlashコンテンツのプレースホルダーが表示されるが、Firefox 85では単なる空白となるため状況がわかりにくい。

このほか、Firefox 85ではsupercookiesに対するユーザー追跡の防止機能や、ブックマークの操作性改善、Firefox Lockwise(ログインとパスワード)に保存されたログイン情報の一括削除機能が追加されている。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | メディア | Firefox | インターネット | IT

 関連ストーリー:
Adobe、Flashコンテンツのブロックを開始 2021年01月13日
Flash Playerサポート終了 2021年01月01日
Firefox 85、印刷時に非連続ページ範囲の指定がようやく可能に 2020年12月21日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogleAppleMicrosoftChromeMicrosoft EdgeFirefoxMozillaFlashSafariInternet ExplorerChromiumAdobe

関連記事

広告