新型肺炎の感染増加受けて在宅勤務を指示する企業が増加

2020年2月17日 18:32

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 maia曰く、

 国内における新型肺炎(COVID-19)の感染者が複数確認されているが、厚労相が「中国と直接関係がなく、どこで感染したかわからない感染例のかたまりが、全国5か所で出てきた」(日テレ)と発言するような事態(要は市中感染)になって、各社が在宅勤務を指示する事例が増えている。

 GMOはいち早く在宅勤務体制への移行を進めたが(過去記事)、ここに来て期間を延長し、終了時期を未定としている(日経新聞)。JTは1月27日付で、日本国内の全社員約7500人にテレワークを積極的に活用するよう通知。ドワンゴは17~21日にかけて、約1000人の全従業員を対象にテレワークによる在宅勤務を実施。シュローダー・インベストメント・マネジメント(東京・千代田)は社員(100名)に対し、週明け17日から原則在宅勤務

 またヤフーは100人超す会合参加を禁止している

 スラドのコメントを読む | 日本 | ビジネス

 関連ストーリー:
都内のNTTデータ拠点に勤務する千葉県の男性、新型コロナウイルス感染が確認される 2020年02月15日
CP+も新型肺炎流行を理由として中止に 2020年02月14日
新型コロナウイルスによる疾病、「COVID-19」と名付けられる 2020年02月13日
GSMA、MWC Barcelona 2020の開催中止を発表 2020年02月13日
GMOインターネットグループ、新型コロナウィルスの感染拡大に備え在宅勤務体制へ移行 2020年01月27日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGMO在宅勤務

広告