ルノー・日産・三菱3社連合統合の新しい道 次世代車技術で新会社

2019年12月10日 09:41

小

中

大

印刷

(c) 123rf

(c) 123rf[写真拡大]

写真の拡大

 つながるクルマ・自動運転・電動化など、現代の自動車メーカーは、新たなビジネスモデルを決めかねるほど変革期にある。それは、やはりネット社会になり自動車の在り方が根本から変わるなど、技術革新によるものだ。

【こちらも】トヨタとデンソー、合弁で半導体の先行開発研究を行なう新会社設立

 そのため技術開発費に投入する資金を、たとえ1000万台を生産するメーカーでさえ1社で賄うことが出来なくなってきている。それはGAFAM(グーグル・アマゾン・フェイスブック・アップル・マイクロソフト)と言われるIT産業の各社が、ユーザーとのインターフェース部分でビックデータを握り、運送サービスとしてのビジネスモデルを作り上げ、主導権を握ると思われていることに対して、競争しなければならないからだ。

 これに乗り遅れると、どこかに吸収されることとなってしまう。ルノー・日産・三菱の3社アライアンス内でもめている場合でないのが本当のところだ。日産は、カルロス・ゴーン元会長の失脚に伴い新たに出直すこととなったが、日産の吸収を謀るルノーとの駆け引きが続いている。そうした中での「ニッサン・インテリジェント・ファクトリー」構想であり、次世代車技術開発のための新会社設立構想である。

 「ニッサン・インテリジェント・ファクトリー」は必要不可欠な構想であるが、それは同時にルノーの日産吸収のシナリオでもある。3社アライアンスを1社に統合する動きと同じと見て良く、動き出したら後戻りが出来ないストーリーとなろう。

 すると、カルロス・ゴーン元会長の失脚を図り、日産の独立を確保しようとした試みはどうしたのであろうか?日産社内のパワーバランスが変わり、ルノーがまた主導権を握ったものかもしれない。また、影の主役である日本政府はどのようなストーリーを描いているのか、日本企業としての日産を望む日本国民としては気になるところだ。

 最先端技術開発部門を統合し、生産システムを3社で整理していくと、技術的には1社として動かない限り生き残るのは難しい。そして、目先の営業成績を上げねばならないことは明白で、「新車投入」は欠かせない。

 しかし、その効率を上げれば上げるほど、日産はフランスの会社となり、「日本の雇用」は失われていく可能性が高くなる。ホンダの4輪部門が瀕死の状態であるのなら、同じ方向を向けるのだから、日産・ホンダ・三菱の組み合わせも論理的には大きに可能性はある。しかし、ルノーは必死で防ごうとしている。

 「もう止められない」動きとなってしまうのか?緩やかなトヨタとの協調もあり得るのではないか。夢を残しておこう。(記事:kenzoogata・記事一覧を見る

関連キーワード本田技研工業トヨタ自動車トヨタ三菱自動車自動運転日産自動車カルロス・ゴーンルノー

広告