1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > kenzoogata(1)

kenzoogataのニュース一覧

トヨタのパワーユニット。(画像: トヨタ自動車の発表資料より)

どうやら、トヨタはHV(ハイブリッド)を2021年から「低燃費車」として認めさせるのに成功したようだ。 10/22 15:31

(c) 123rf

■トヨタ・Woven City目指しモビリティ・カンパニーに  2020年2月12日時点での労使協議会の会社側進行役を務める河合満副社長のコメントとして、「やめよう・かえよう・はじめよう運動」の推進により、「モビリティ・カンパニーへのモデルチェンジ」に全力で当たる決意が見えている。 10/22 07:37

「ディープフェイク」が拡散している。初めての逮捕者が出たが、氷山の一角に過ぎないことはネットを見ていれば分かる。 10/21 07:34

「ディープフェイク」とは、AIのディープラーニングの「ディープ」とフェイクニュースの「フェイク」をかけ合わせた造語だ。 10/20 12:24

クルマの新車販売は、2019年の消費税増税に続いて新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、2020年9月まで12カ月連続で前年割れを記録している。 10/19 11:29

マツダ・MX-30(画像: マツダの発表資料より)

マツダは、「SKYACTIV-G」、「SKYACTIV-D」、「SKYACTIV-X」、「e-SKYACTIVG」、「ロータリー・エクステンダー」、「水素ロータリー」エンジンなど多くのパワーユニットを持ち、「マイルド」ハイブリッド、「ストロング」ハイブリッド、「プラグイン」ハイブリッドなど多くの組み合わせが考えられている。 10/18 08:32

マツダMX-30 マイルドハイブリッドモデル・国内仕様(画像: マツダの発表資料より)

マツダ・MX-30は、マツダのこれからの方向性を実現するための新規構造を開発している。 10/17 15:25

MX-30(画像: マツダの発表資料より)

マツダは10月8日、新型SUVのMX-30をマイルドハイブリッド(MHV)パワーユニットで発売した。 10/16 16:24

1.8L BOXER 直噴ターボエンジン(スバルの発表資料より)

今回、CB18型エンジンで採用された画期的な技術の1つとして、オフセットシリンダーを採用したことが挙げられる。 10/16 07:40

『欠陥ゼロのソフトウエア開発』(日経エレクトロニクス 1995年11月出版)を読み始めると、「1序論」の初めに次のような文章に出会う。 10/15 17:31

1.8L BOXER 直噴ターボエンジン(スバルの発表資料より)

スバルが、水平対向(ボクサー)エンジンに執着しているようだ。 10/14 17:11

具体例としては、あるトヨタのディーラーでプリウスの商談をした時だった、「トヨタ方式のHVはクラッチがないと聞くが、素人だから簡単で良いので教えてくれないか?」と依頼したところ、かなり待たされてから営業マンが、図面を持った整備士を呼んできた。 10/13 17:39

この「一本釣りセールス」の持つ意味を、正確に説明できるビジネスパーソンにこれまで出会ったことはない。 10/13 07:11

新型コロナウイルス感染拡大で、SNSを通じた商談が自動車販売で増えているそうだ。 10/12 17:21

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

広告