トヨタのニュース

相場展望1月10日号 バイデン支持率低下は、生活苦の不満の表れ バブル崩壊リスク回避の金利上昇&資産縮小を

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移  1)1/6、NYダウ▲170ドル安、36,236ドル(日経新聞) ・米連邦準備制度理事会(FRB)が金融政策正常化を急ぐことへの警戒感で下落。
01/10 10:39

熾烈なミッドサイズ・ミニバンセグメント

ここまで「Automobile Forecast 2022」とテーマを絞って検証した大きく「0-3」の4項目は、いずれも「クルマの電動化」にまつわる課題や問題点、いくつかの明るい見通しだ。
01/03 11:42

相場展望12月16日 米国、テーパリング早期完了⇒「利上げ」へ 日本株、年末までに資金化し、調整に備える?

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)12/13、NYダウ▲320ドル安、35,650ドル(日経新聞) ・新型コロナ変異種「オミクロン型」の感染拡大への警戒感から、景気敏感株を中心に売り優勢となった。
12/16 09:16

丸目ライトのプロボックス「CAMP BOX」発売 クラウドエイト

中古車の販売を行うCloud8(クラウドエイト)は3日、10月よりオリジナルカスタムを施したプロボックス「CAMP BOX(キャンプボックス)」の販売を開始したことを発表した。
12/06 11:10

トヨタ、米バイデン政権のEV優遇法案に反発声明 ビッグ3だけ追加援助

トヨタは11月2日、バイデン政権が10月末に発表したEV優遇法案に対して反発する声明を出した。
11/09 08:24

車のCMよもやま話

昔からの車のCMには、いろいろな逸話がある。
10/13 11:52

GM、北米の8工場を一時稼働停止へ

米ゼネラル・モーターズ(GM)が、北米にある14の生産設備のうち、8工場を一時閉鎖する方針を決めた。
09/09 12:07

高額車の方が売り易いという現実

一般的には、高額な品の方が安価な品より売り難いのが常識である。
07/17 08:50

相場展望7月5日 「雇用」に重きを置くFRBは、判断遅れる可能性 原油・商品・賃金が高騰、膨らむインフレリスク

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)7/1、NYダウ+131ドル高、34,633ドル(日経新聞) ・新たな四半期(7~9月)が始まり、新規の投資資金が流入するとの期待が広がり先高観が台頭した。
07/05 09:30

米国トヨタ、新型「タンドラ」を先行公開 これまでのタンドラを振り返る

米国トヨタは18日(現地時間)、北米で販売されているフルサイズピックアップトラック「タンドラ」の新型について、エクステリアの画像を先行公開した。
06/19 17:33

相場展望6月10日 米経済指標の成長率は高水準ながら、伸び率は鈍化 人手不足と物価上昇が深刻化すると景気後退リスク増す

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)6/7、NYダウ▲126ドル安、34,630ドル(日経新聞) ・米国でワクチン接種が進み、新規感染者数が減少傾向にある。
06/10 08:31

トヨタとスバルが共同開発車を刷新、新型「GR86」と「BRZ」が発表

ホンダの創業者として名高い本田宗一郎は、小学校2~3年生の頃に初めて自動車に遭遇した。
04/09 07:34

EV化議論に先立ち認識すべき基礎要件

本稿は「トヨタイムズ」の「日本のカーボンニュートラルを考える自工会・豊田会長が語った事実」(https://toyotatimes.jp/insidetoyota/111.html)から、多くの見解を踏襲し、例示数値を引用している。
02/26 16:16

「EV」(1) テスラ黒字化で注目を集める日本企業はどこ

1月28日の共同通信が、『米テスラ、初の年間黒字 750億円、 EV好調』と題するニューヨーク発の記事を伝えた。
02/15 15:34

相場展望2月15日号 米長期金利が1.21%に急上昇、1.4%超はハイテク 株が割高に映る可能性も?

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)2/11、NYダウ▲7ドル安、31,430ドル ・最高値更新を前日にし、高値警戒感から、上昇してきた景気敏感株の一部に利益確定売りが出た。
02/15 07:56

相場展望2月11日号 2/9~10、日経平均に異常値 SQ後に反動安か

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)2/8、NYダウ+237ドル高、31,385ドル ・経済対策への期待や新型コロナワクチン接種の進展を背景に、景気回復に楽観的な見方が広がった。
02/11 08:51

相場展望2月1日号 外国人投資家の相場操縦で、買いに誘われた個人信用投資家がハシゴ外され損失を抱え込む展開

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)1/28、NYダウ+300ドル高、30,603ドル ・前日の▲633ドル安と今年最大の下落となった反動もあり、自立反発狙いの買いも入って一時+600ドル超まで上昇しほぼ全値戻しをしたが、その後、売られ前日の下げ幅の半値戻しまで縮小した。
02/01 09:20

雇用が問題か? (1) 日産・トヨタ・ジャガー・ポルシェ・ベンツ・BMW・VWのBEV発売ラッシュ

ジャガー・「I-PACE」、ポルシェ・「タイカン」、ベンツ・「EQC」「EQS」「EQE」「EQE SUV」「EQV」、BMW・「i3」「i8」「iX3」「i4」、VW・「ID.4」、日産・「リーフ」「アリア」、トヨタ・「UX300e」、ホンダe等々、世界各国からBEV(純電動車)の発売、あるいは発売予定が相次いでいる。
12/10 17:06

相場展望11月24日号 ワクチンで経済正常化期待と、感染再拡大の懸念が交錯する株式市場

■I.米国株式市場 ●1.米株式市況の推移  1)11/19、NYダウ+44ドル高、29,483ドル ・失業保険申請者数が予想を上回ったため、一時▲200ドル超下落したが、米議会で追加経済対策の協議再開の見込みと伝わり、景気回復の期待から買い優勢。
11/24 08:49

「カシオの生産リードタイム短縮」から見るトヨタの強さ (2)

前は:これがトヨタの強さ『カシオ生産リードタイム短縮生産計画3カ月→2カ月』(1) ■生産リードタイムの短縮 生産リードタイムが短縮されるということは、完成品を含めて在庫が減っていることになり、保管に必要な「工場敷地代金、工場建屋建設費用」など資産勘定の大きな資産が削減されているが、損益に上ってきにくい資産であり、決算書で経理の知識だけでは見つけにくいのだ。
11/17 11:41

日本カー・オブ・ザ・イヤー、ノミネート車決定 表彰式はYouTubeで配信

1年間に発売された車の中から、その年のイヤーカーを決める「2020-2021 日本カー・オブ・ザ・イヤー」の開催が日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会から発表された。
11/01 20:51

トヨタが広州汽車にHVユニット供給 (2) 今は「トヨタ式HVシステム」が最適

EVでは、必ずしもCO2排出規制に直結しないことは最近知られてきたが、それと同時にエンジン車の部品点数3万点余りから半減する問題が言われている。
10/23 07:36

タイに続き東南アジア各国で発売開始!カローラクロスの日本発売はあるのか

トヨタのカローラクロスは、2020年7月9日のタイでの世界初披露に続き、インドネシア、ベトナム、フィリピン、ブルネイでも発売が発表された。
09/08 16:46

軽量化が限界に達したクルマ? (2) スズキ・スイフト、トヨタ・ライズ、ヤリスなど

コンパクトカークラスでは、スズキ・スイフト(840~970kg)が1トンを切る車重で、かなり機敏な走りを見せている。
08/29 07:48

 1 2 3 4 5 6  次へ進む