トヨタとデンソー、合弁で半導体の先行開発研究を行なう新会社設立

2019年7月11日 08:23

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

トヨタは主要な電子部品事業をデンソーに集約する方向で動いていたが、デンソーはトヨタ半導体開発を担う合弁会社を設立する。写真は自動車内部のECUやインバータなどが、何処にどのように配置され、どのような役割を果たしているのかを展示した模型

トヨタは主要な電子部品事業をデンソーに集約する方向で動いていたが、デンソーはトヨタ半導体開発を担う合弁会社を設立する。写真は自動車内部のECUやインバータなどが、何処にどのように配置され、どのような役割を果たしているのかを展示した模型[写真拡大]

写真の拡大

 トヨタ自動車とデンソーは、次世代の車載半導体の研究および先行開発を行なうため、合弁会社の設立に合意したと発表した。今後、両社で新会社の詳細について検討を進め、2020年4月の設立を目指すとしている。

 背景には、近年の自動車の電子制御化が進行で、車載半導体はますます増加し、高性能化しており、将来のモビリティ社会の実現に向けたCASE(コネクティッド、自動化、シェアリング、電動化)の進展において、技術革新の鍵となる次世代の車載半導体の開発が必須な現状が挙げられる。

 デンソーとトヨタは、2018年6月、電子部品の生産・開発機能をデンソーへ集約すると合意し、これに基づきスピーディかつ競争力のある生産・開発体制を実現すべく取り組んでいる。

 その課程で、将来のモビリティ社会の実現に貢献するため、今回、デンソーは新たに車載半導体の研究および先行開発を行う新会社を設立し、より強固な研究・開発体制の構築を目指すこととした。

 新会社には、トヨタの持つモビリティ視点での知見を生かし研究開発を加速させるため、トヨタからの出資を受け入れることで両社が合意。またトヨタは、新会社への出資を通じて、最先端の半導体技術を自社のモビリティサービスや車両開発に企画段階から取り入れることで、さらなる技術革新を目指す。

 新しく設立する会社は、次世代の車載半導体における基本構造や加工方法などの先端研究から、開発した半導体を実装した電動車両向けのパワーモジュールや自動運転車両向けの周辺監視センサーなどの電子部品の先行開発までを行なう計画だという。

 なお、本合弁会社の設立には所要の独禁法当局の承認を条件とする。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
「タイムズ24」、電気自動車のカーシェア、8月から開始、当初予定100台導入
電気自動車の最高峰レース「フォーミュラE」と、電力利用の効率化に貢献する「SiC」
日産、国内ディーラーでリーフの利用者を対象に家庭用電力の代理販売を開始

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードトヨタ自動車自動運転デンソー半導体

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新開発の油冷エンジンを搭載した「ジクサー SF 250」(画像: スズキの発表資料より)
  • ミズー川崎水族館のイメージ(住商アーバン開発など発表資料より)
  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース