ルノーのニュース一覧

(c) 123RF

カルロス・ゴーン解任で「ほっと」したのもつかの間、早くも第2ラウンド開始。 01/20 12:45

(c) 123rf

日産CPO(チーフ・パフォーマンス・オフィサー)のホセ・ムニョス執行役員は辞職し、アライアンス担当アルン・バジャージュ専務執行役員は実質外されてしまったようだ。 01/19 15:24

(c) 123rf

日産側と言うべきか日本側は、これで「ホッと一息」と言ったところだろう。 01/19 15:19

(c) 123rf

ルノーは、同社の社内では背任行為や不適切な経理処理が確認できていない、としてゴーン容疑者のCEO職を解いていない。 01/16 21:43

(c) 123rf

特別背任疑惑では、為替スワップ取引で巨額の追証を求められた直後に、ゴーン容疑者の指示で「CEOリザーブ」勘定が創設され、その後にハリド・ジュファリ氏の信用保証がなされている。 01/16 21:36

(c) 123rf

ゴーン容疑者が逮捕された11月19日夜に、日産の西川廣人社長は記者会見で当時認識している主な不正行為として、(1)有価証券報告書に記載された金額が、実際の報酬より大幅に少ない金額であること(2)私的目的の投資資金が支出されていること(3)私的目的で経費を支出したこと、が確認されたと述べた。 01/10 20:32

ルノーサムスン釜山工場の生産能力は年27万台で、約50%は日産が北米向けに輸出する日本名エクストレイルの兄弟車であるミッドサイズSUV「日産ローグ」

日本ではあまり報道されていないが、ルノー・日産アライアンスに大きな影響を及ぼしているカルロス・ゴーン元日産自動車会長逮捕の影響は、韓国経済にもおよんでいるようだ。 01/07 09:36

どうしてこれほど完成検査を軽視する姿勢が生まれるのであろうか? 日本で製造業に携わってきた一人の人間としては、「投資感覚」を第一に上げたい。 12/29 15:56

カルロス・ゴーン容疑者が保釈された場合でも、ルノー側は、現役ルノー会長としてカルロス・ゴーンに強権を振るわせるのも難しい情勢だ。 12/21 11:58

カルロス・ゴーン容疑者が「特別背任容疑」で再逮捕された。 12/21 11:51

日産・GT-RはアメリカンGTの真似から始まり、現在ではモンスターマシンと化している。 12/18 21:25

銀座で展示されている「スカイライン2000 GT-R レーシングコンセプト」。(画像: 日産自動車の発表資料より)

そして、モデルチェンジ(通称ハコスカ登場)を受けたスカイライン1800のノーズを、今度は少し大人しく15cmだけ伸ばしてスカイライン2000GTが生まれた。 12/18 19:53

先日、カルロス・ゴーンが逮捕されたとき、銀座では日産「GT-R50 by イタルデザイン」が1972年「スカイライン2000 GT-R レーシングコンセプト」と同時に展示されていた。 12/18 18:58

新型アルピーヌA110。(画像: ルノーの発表資料より)

ルノーのアルピーヌA110は、乗り心地もそれほどハードではなく、専用開発されたミシュランタイヤと共に、初代のRRの特性を生かした切れ味を持ちながら細かい振動もよく吸収しているようだ。 12/14 08:16

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告