トヨタの販売店で扱うダイハツ製オープンスポーツ「COPEN GR SPORT」発売

2019年10月23日 08:51

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

トヨタ店で販売する「COPEN GR SPORT」、価格は5速MT車が243.5万円、7速CVT+パドルシフト車が238.0万円

トヨタ店で販売する「COPEN GR SPORT」、価格は5速MT車が243.5万円、7速CVT+パドルシフト車が238.0万円[写真拡大]

写真の拡大

 トヨタは、新型車として「コペンGR SPORT」を発売した。新型コペン GR SPORTは、TOYOTA GAZOO Racingが展開するスポーツカーシリーズ「GR」初となる軽規格の2シーター・オープンスポーツだ。ダイハツ工業が、TOYOTA GAZOO Racingのモータースポーツ活動を通じて培った知見を製品に活かしたOEM供給車となる。

 異なる自動車メーカーという垣根を取り払い「もっといいクルマづくり」を目指して、トヨタの商品ラインアップにはないライトウェイトスポーツ「コペン」と「GR」が理想とする走りの味を融合。路面や車体の挙動をダイレクトに感じられ、スポーツカーらしい乗り味が楽しめる「コペン」。COPEN GR SPORTは、その可能性をさらに広げ、気軽にスポーツドライブを楽しめる「GR」のエントリーモデルとして開発した。

 具体的には、ボディ剛性や足回りのチューニングを中心に開発を進め、フロントブレース追加やセンターブレースの形状変更などボディの最適な剛性バランスを実現。その高いボディ剛性に合わせて、サスペンションのスプリングレートを最適化し、専用のショックアブソーバーとの組み合わせ、しなやかな動きと接地感のあるフラットな乗り味を追求した。

 また、今回専用にチューニングされた電動パワーステアリングとサスの組み合わせで、ステアリング操作とクルマの動きの一体感を達成。軽自動車のエンジンパワーを使いきれる喜び、日常生活の中でもライトウェイトスポーツらしい、意のままに車両をコントロールする「気持ち良さ」を提案するという。

 エクステリアデザインは、走るための機能性を優先。フロントフェイスには、水平・垂直を基調とした、「GR」のアイコンとなる“Functional MATRIX”グリルを採用した。冷却性能向上に貢献する大開口ロアグリルと、走行性能向上に寄与するアンダースポイラー形状のフロントバンパーが精悍さを表現し、低重心、ワイド&ローな外観を強調。さらに、バンパー側面の延長やフロントバンパーエアアウトレットの設定などにより空気を整流し、空力性能の向上も図っている。

 内装は、専用レカロシート、専用自発光式3眼メーターの採用により走りへの期待感を演出。専用ピアノブラック調加飾のセンタークラスターが上質感ある雰囲気を醸し出す。ボディカラーは、全8色。内装色はブラックだ。また、電動開閉式ルーフ「アクティブトップ」を標準装備し、オープンエアドライブの爽快感を手軽に味わえる。

 あわせて、さらにスポーティなスタイリングとオープンエアの愉しさを増幅させるカスタマイズパーツ「GR PARTS」をCOPEN GR SPORTにも設定した。空力性能に加えワイド&ローなスタイリングを演出するフロントスポイラーやサイドスカート、リヤサイドスポイラーを設定。さらに、空気の流れを整え走りに貢献するフロントコーナースポイラーやリヤトランクスポイラーなどを取り揃えている。

 COPEN GR SPORTの価格は、 5速マニュアル車が243.5万円、7速スーパーアクティブシフト付CVT+パドルシフト車が238.0万円だ。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
トヨタなど協働で、「Ha:mo RIDE」の走行データを活用した実証実験を開始
トヨタ、NY自動車ショーで新型「カローラ・ハッチバック」を世界初公開
トヨタ自動車、新素材SiCパワー半導体搭載車両の公道走行を開始

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードトヨタ自動車ダイハツ工業軽自動車

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース