小田急、経堂・町田駅に防音個室ブース「テレキューブ」設置 テレワーク向けに

2019年9月27日 09:14

小

中

大

印刷

テレキューブの外観イメージ。(画像:ブイキューブ発表資料より)

テレキューブの外観イメージ。(画像:ブイキューブ発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 「テレキューブ」は防音性の高い個室型コミュニケーションブースである。これを展開するテレキューブサービスは、小田急電鉄・小田急線の経堂駅と町田駅に、テレキューブを設置すると発表した。

【こちらも】東京メトロ、駅構内に個室ブースを設置 駅ナカに“専用オフィス”

 ICTを活用した、時間や場所にとらわれない働き方「テレワーク」は日本に浸透しつつある。テレキューブはこれを受け、“ビジネスパーソンが周囲に気兼ねなく働けるセキュリティの高いコミュニケーションスペース”というコンセプトのもと作られた。

 移動の合間に資料を作成したり、外出先でのビジネス通話が必要な際などに利用することを想定している。小田急電鉄側から見れば駅の利便性が向上するとともに、働き方改革の推進に貢献するという形だ。

 具体的にどういうものかというと、テーブル、椅子、電源コンセントなどを備え、防音型のセキュリティ性が高いコミュニケーションブースとなっている。業務を行うほか、WEB会議の参加なども可能だ。

 経堂駅における設置箇所は、改札内コンコースのエレベーター付近に2台。導入日は10月1日を予定している。町田駅における設置箇所は、改札外コンコースに2台。導入日は10月中を予定している。

 いずれも利用時間は9時から20時まで。利用料金は従量料金制で、15分250円(税抜)からとなっている。専用WEBページでの会員登録を行った後、利用予約することで実際に利用するという形を取る。

 なお、経堂駅は都心の住宅エリア、町田駅は郊外の就業エリアというそれぞれ異なるエリア特性を持つため、テレキューブサービスでは、それぞれにおける設置後の利用状況を踏まえて、今後の展開の方針を検討していくという。(記事:藤沢文太・記事一覧を見る

関連キーワード小田急電鉄働き方改革

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース