ホーム > ニュース一覧 > 藤沢文太(1)

藤沢文太のニュース

動物の果実食による種子の移動は温暖化から樹を守らない 森林総研らの研究

動物が果実を食べ、そしてその種子を別の場所で糞と共に排出することを種子散布という。
12/20 15:39

ニュージーランド航空、食べられるコーヒーカップを試験導入

エコロジーの観点からの廃棄物削減は世界的なスローガンとなっている。
12/09 07:37

ブラックホールの周囲を回る惑星が存在する? 鹿児島大などの研究

惑星は恒星の周りに存在する、というのがこれまでの常識であった。
11/29 09:53

LVMH、ジュエリーブランドのティファニーを買収 約1兆7500億円で

世界を揺るがす巨大な合併劇が実現したようだ。
11/26 11:21

ジュズヒゲムシは2億7千万年前から姿をほとんど変えていない 北大などの研究

ジュズヒゲムシの仲間は朽木の樹皮の下の隙間で暮らす昆虫である。
11/25 17:30

『けものフレンズ』が絶滅危惧種保護に及ぼした影響 東大などの研究

アニメ『けものフレンズ』は、絶滅危惧種保護に貢献した。
11/24 21:25

海ぶどうは単細胞生物だが、植物の葉と似た構造を持つ 沖縄科技大の研究

沖縄の食品として有名な海ぶどうは、実は単細胞生物である。
11/23 14:29

隕石から生命の材料である「糖」を発見 東北大などの研究

生命の核として必要な糖の分子が、隕石から発見された。
11/20 21:32

イルカやクジラの首の関節からその接触行動を分析 名大の研究

イルカとクジラはクジラ類という同じグループの動物である。
11/19 12:01

ナスカの地上絵が新たに143点発見、AIによる発見も 山形大の研究

ナスカの地上絵が、新たに143点発見された。
11/17 15:46

黒に関わる物が特売、アマゾンの「ブラックフライデー」日本初開催へ

黒に関係するあらゆるものが特売になる「クロいものセール」が実施される。
11/16 16:11

世界初、海水中で繰り返し使える接着剤を開発 北大の研究

参考にしたのは、貝の一種イガイの接着タンパク質であるという。
11/15 09:02

海洋の酸性化が一酸化二窒素増加を招く、従来の見解覆す発見 東工大などの研究

従来、海洋の酸性化は一酸化二窒素(N2O)の生成を弱めると考えられていた。
11/14 09:25

南鳥島沖でプチスポット型の深海火山を発見 東北大などの研究

南鳥島の南東およそ90キロメートルの海底でプチスポット火山が発見された。
11/13 16:58

イオンモール、「スマート・イオンモール」の実証実験を国内でも開始

イオンモールは、次世代のスマートモールの研究を進めている。
11/12 12:48

海洋性ラン藻からのアスタキサンチン生産に成功 神戸大の研究

光と水と二酸化炭素から、アスタキサンチンを大量生産する技術が開発された。
11/11 18:42

植物が増殖するための仕組みは4億年以上前に発生した 神戸大などの研究

植物はその生涯に渡って増殖を続ける。
11/11 17:41

菌類の持つ記憶能力を発見 東北大などの研究

脳や神経などの機構を持たない菌類にも、記憶能力すなわち知性の一種が見られることが分かった。
11/09 16:23

ウナギ減少の原因はネオニコチノイド系殺虫剤か 産総研などの研究

ウナギがいま絶滅の危機に瀕している、という話は耳にするようになって久しい。
11/06 07:43

フノリの分類を再検討、未分類種を複数発見 神戸大などの研究

フノリは糊の原料や食用にもなる海藻の一種である。
11/05 08:40

てんかんは脳の局所冷却で治療できる 群馬大学の研究

てんかんを起こしている脳は、てんかん原生域の温度が約1度高くなっているという。
11/03 07:10

温暖化で日本近海のコンブが激減するとの予測 北大の研究

地球温暖化は海洋資源の分布変化をもたらす。
10/31 18:47

高校教諭が淡水魚ヤリタナゴの地域固有種喪失を確認 関西学院高等部の研究

ヤリタナゴはコイの仲間で、準絶滅危惧種に指定されている。
10/31 07:46

海底地下の金属資源は「2階建て」構造になっている 京大などの研究

いま、海底の金属資源が注目されている。
10/30 17:02

 1 2 3 4 5 6  次へ進む