日本一の大家「日生」の新たな1手

2019年1月13日 19:55

小

中

大

印刷

 丸の内界隈の大家さんといえば、三菱地所。では全国に最も多いビル(オフィス・商業施設・ホテル・物流拠点など)を保有する企業はどこか。答えは日本生命である。昨年9月末時点の保有不動産残高(簿価)は1兆6119億円。賃貸用が1兆82億円、営業用(支社・支店等)6037億円。それでも18年度末の資産運用に占める割合は2.5%だというから、なんともはやお金持ち(正確には保険の保有契約残高が多い、と記すべきだろうが)企業である。

【こちらも】厳しい環境下、生保業界を牽引する日生の方向性と実態

 そして驚かされるのは保有ビルの棟数。賃貸用ビルだけで全国に274棟を有し、入居テナント数は約3000社に及ぶ。「日本一の大家さん」とする最大の根拠である。時々の市況にもよるが、賃貸ビルは安定的な賃料収入を生む。広報部では「今後とも優良不動産への積極的な投資を通じて、ご契約者利益の観点から長期・安定的な運用収益を確保するとともに日本経済・産業の発展に貢献していく所存」とご託宣。

 日生が不動産運用の世界に足を踏み入れたのは1901年というから、今年で118年目。ご託宣どおり不動産投資は間断なく進められている。

 例えばJR山の手線「品川―田町駅間」に2020年の東京オリンピック・パラリンピックを目途に作られる新駅(山手線では1971年の西日暮里駅開設以来)が「高輪ゲートウェイ駅」となることで、駅名を巡り諸論が飛び交ったが、新駅地を中心とした品川―浜松町駅エリアのおよそ13haの再開発が急ピッチで進んでいる。そうした一角に昨年竣工、12月に開業したのが「ニッセイ浜松町クレアタワー」。浜松町の貿易センタービルに隣接する敷地7646平方メートルに地下3階・地上29階という商業施設・オフィスビルである。

 そして昨年末にはこんなニュースが配信された。「国際赤坂ビルの一部取得」。同ビルは積水ハウスとエーエフイレブン合同会社が保有していた物件。1973年2月竣工の地下4階・地上20階建てのビル。赤坂エリアも再開発ラッシュ。共有持分として50%を取得した日生はメトロ4線に直結するビルを、積水ハウスと共に「立替を検討する」としている。日本一の大家はその歩みを止めようとしない。(記事:千葉明・記事一覧を見る

関連キーワード日本生命保険積水ハウス東京オリンピック資産運用不動産投資三菱地所

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 子供や初心者も安全に楽しめるスマートフェンシング(写真:大日本印刷の発表資料より)
  • 新型「N-WGN」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ハーゲンダッツ トラベリングショップのイメージ。(画像:ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • N-WGN(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • シフォン・G スマートアシスト(画像: SUBARUの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 「JALマイレージバンク ワールドマーケットプレイス」の画面イメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 日産の新型「スカイライン」。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「ホカロン ルナ」(画像: ロッテの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース