民放キー局4社、違法残業などで過去5年間で計5回の行政指導

2018年7月4日 19:47

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 2013年から2017年の間、少なくともテレビ朝日および日本テレビ放送網、TBSテレビ、テレビ東京の4社が社員に労使協定で定める上限を超える違法な時間外労働をさせたなどして、三田労働基準監督署から是正勧告を受けていたという(時事通信)。

 また、フジテレビも時期などは明らかにしていないが行政指導があったことを明らかにしており、すべての在京の民放キー局が過去に行政指導を受けていたことになる。

 スラドのコメントを読む | ビジネス | ニュース

 関連ストーリー:
日本の地上波テレビからおっぱいはどのように消えたのか 2017年06月13日
自民党、公平中立な選挙報道を在京テレビ局各局に要望 2014年11月29日
ドワンゴの「入社希望者に対する受験料徴収制度」、厚労省から行政指導を受ける 2014年03月03日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードフジテレビ時間外労働残業テレビ東京テレビ朝日日本テレビ

「雇用・就職・労働」の写真ニュース

経済の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_economy

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース