NECやドコモ、JAXAなどが共同でドローン運行管理システム開発

2017年6月21日 15:11

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 複数の企業や研究機関が参加し、ドローンを安全に運航するためのシステム「無人航空機の運航管理システム」の開発を進めるという(日経ITproDRONE BORG)。

 これは「ドローン版の航空管制交通システム」のようなものになり、具体的には、地図や気象、電波などの「情報提供機能」・機体情報や飛行計画などの「運航管理機能」・飛行計画の中止変更指示などの「運航管理統合機能」の3つで構成されるという。

 プロジェクトにはNEC、NTTデータ、日立製作所、NTTドコモ、楽天、JAXAなどが参加。それぞれが分担して研究開発を進めるという。

 スラドのコメントを読む | テクノロジー

 関連ストーリー:
中国でドローン使用者に対し実名登録が義務付けられる 2017年05月22日
スマホサイズのカメラ付きドローンが登場 2017年03月27日
ストーカーから軍事用途、テロ、刑務所内への密輸などさまざまな運用がされるドローン 2016年05月07日
米国でドローンの購入者に登録を義務付ける動き 2015年10月30日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードNTTドコモ日立製作所NEC楽天NTTデータ宇宙航空研究開発機構(JAXA)交通システムNTT

広告

広告

写真で見るニュース

  • フィッシャープライスのバイリンガル知育玩具「バイリンガル・わくわくピアノ」。(写真:マテル・インターナショナル発表資料より)
  • 大丸芦屋店1階のリニューアルイメージ(大丸松坂屋百貨店発表資料より)
  • 研究グループが開発した世界最小のクロック回路を搭載したチップ写真(写真:東工大の発表資料より)
  • 新型フィット・e:HEV HOME(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • (c) 123rf
  • シャポー市川リニューアルのイメージ(JR東日本都市開発発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース