経済 RSS

 

白物・小物家電と業務用機器の世界市場、インドや東南アジアがけん引

2017年5月8日 07:58

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 富士経済は、インドや東南アジアで需要が増加している主要白物・小物家電および業務機器計39品目の世界市場を調査し、その結果を報告書「グローバル家電市場総調査 2017」にまとめた。

 ルームエアコン、洗濯機/洗濯乾燥機、冷蔵庫、掃除機、電子レンジ/電気オーブンレンジを対象とした。2016年の市場は前年比0.2%減とわずかに縮小し、5億3,738万台となった。今後はインドネシアやその他東南アジア、インド、中東、アフリカなどの需要増により年率で2%程度拡大し、2021年に5億8,693万台が予測される。

 2016年は中国の内需低迷もあり、市場は縮小したが、インドや東南アジアは好調であった。東南アジアでは特にベトナムの成長が著しく、日系メーカーが台頭している。今後はインドや東南アジアが市場をけん引し、緩やかに拡大していくとみられる。世界的な省エネ規制の加速によりインバータ化率も堅調に高まっていくとみられる。特にインドは省エネ規制の取り組みに積極的であり、2018年から規制が厳しくなるため、その後はインバータ化製品の需要がさらに高まるとみられる。

 2016年、インドやインドネシア、ベトナムを中心とした東南アジアは好調だったものの、中国需要が縮小したため2015年に引き続き市場は微減した。今後も中国の低調が続くものの、インドや東南アジアが市場をけん引していくとみられ、緩やかに拡大していくとみられる。インバータ化製品の需要は今後中国などで上昇するとみられる。ただしインバータ洗濯機の普及は国によって格差があり、安価な製品が求められるアジアや南米では、日本や欧米に比べて低い普及率にとどまるとみられる。

 2016年、中国の需要は低迷しているものの、インドやインドネシア、ベトナム、フィリピンなど東南アジアが好調となり、市場は微増となった。今後もインドや東南アジアが市場をけん引し、緩やかに拡大していくとみられる。インバータ化率も今後緩やかに上昇していくとみられるが、新興国では小型の冷蔵庫が多く流通しており、インバータ化製品の需要が低くなっている。

 長年に渡り、一般家庭へのIoTの導入は足踏み状態であったが、近年AmazonやGoogleといった大手IT企業がスマートホームの核となるプラットホームの開発に取りかかるなど、市場に動きがみられる。今までのスマートホーム製品はユーザーがスマートフォンアプリなどで操作していたが、次世代スマートホームではユーザーが普段通り生活しているだけで、製品が先回りし、特別な操作をすることなくユーザーの求める生活環境を作り上げる。

 2017年1月に米国で開催された家電見本市・CESでは、Amazonの音声認識ホームアシスタント「Alexa(アレクサ)」との連携を発表する企業が相次いだ。LG Electoronicsが「Alexa」を通じて音声で食材などをネット注文できるスマート冷蔵庫を発表するなどIoT家電への注目が集まっている。連携は家電だけにとどまらず、自動車メーカーのFord Motor Companyは車に「Alexa」を搭載することを発表、今後は車内から自宅の設備を遠隔監視/操作などができるソリューションを構想するなど、各社次世代スマートホームへの取り組みも活発になっている。(編集担当:慶尾六郎)

■関連記事
床下にもロボット? いよいよ社会に浸透し始めたロボットの今
知っているのに知らないIoT それでも技術は進化し続けている。
IoT家電普及の壁はセキュリティ 4人に1人が個人情報の提供に難色
IoTの高信頼化に向けた本邦初の異分野機器の接続の実証実験
現在の個人消費動向 『悪い』と回答した企業が51.9%となり半数を超える

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国アフリカインドネシアアジアインドフィリピンベトナムタントAmazonIoT(Internet of Things)富士経済

広告

財経アクセスランキング