1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 政治・社会
  4.  > 軍事・防衛
  5.  > 海上自衛隊(1)

海上自衛隊のニュース一覧

2,000km弱の新明和・US-2の行動半径からすれば、1,200kmの距離は十分対応可能な範囲であった。 09/09 11:55

かつてニュースキャスター辛坊治郎氏(57)ら2名を救助した新明和工業のUS-2の持つ、世界で傑出した日本の飛行艇技術がいま消えようとしている。 09/08 07:22

こうした世界の技術レベルの中で、北朝鮮はICBMを開発しており、このほど液体燃料から固体燃料にすることに成功したようだ。 12/29 07:04

そこで、アメリカは原子力潜水艦SLBMに移行していった。 12/28 09:44

海上自衛隊が、護衛艦内での携帯電話やスマートフォンの使用制限を大幅緩和するという。 12/17 18:06

航空宇宙機器の国際見本市「パリ航空ショー」が、6月17日~23日に開催される。 06/13 18:53

消防庁が広範囲に大規模な散水が可能な「消防飛行艇」の導入・活用を検討しているが、常時運用に必要となる2機体制を整えるには初期費用として約380億円、維持管理費は年間20億円が必要という試算が出ている。 06/05 10:08

西島秀俊主演、佐々木蔵之介共演で、かわぐちかいじ原作の同名ベストセラーコミックを実写映画化する『空母いぶき』。写真:『空母いぶき』本ポスタービジュアル (C) かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/『空母いぶき』フィルムパートナーズ

西島秀俊主演、佐々木蔵之介共演で、かわぐちかいじ原作の同名ベストセラーコミックを実写映画化する『空母いぶき』。 03/22 12:38

西島秀俊主演、佐々木蔵之介共演で同名ベストセラーコミックを実写映画化する『空母いぶき』。写真:(C) かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/『空母いぶき』フィルムパートナーズ

西島秀俊主演、佐々木蔵之介共演で同名ベストセラーコミックを実写映画化する『空母いぶき』。 02/01 16:25

朝鮮日報によると、韓国の壇国大学政策科学研究所と社団法人サンド研究所、世宗経営諮問研究チームが、AI(人工知能)を使って北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の「核戦略」を分析したという。 01/09 14:57

「国際航空宇宙展2018東京」でSUBARUが展示を予定する民間向け最新型ヘリコプター「SUBARU BELL 412EPX」

SUBARUは、2018年11月28日~30日までの3日間、東京・有明の東京ビッグサイトで開催される、「国際航空宇宙展2018東京」(JA2018/主催:一般社団法人日本航空宇宙工業会)に出展する。 11/26 08:47

かわぐちかいじのベストセラーコミック『空母いぶき』が実写映画化され、2019年に全国で公開される。 11/11 11:41

西島秀俊主演、佐々木蔵之介共演で、「沈黙の艦隊」「ジパング」のかわぐちかいじによる同名ベストセラーコミックを実写映画化することが発表されている『空母いぶき』の特報と第1弾ポスタービジュアルが解禁となった。写真:『空母いぶき』第1弾ポスタービジュアル (C) かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/『空母いぶき』フィルムパートナーズ

西島秀俊主演、佐々木蔵之介共演で、「沈黙の艦隊」「ジパング」のかわぐちかいじによる同名ベストセラーコミックを実写映画化することが発表されている『空母いぶき』の特報と第1弾ポスタービジュアルが解禁となった。 11/08 13:49

海上自衛隊のリチウムイオン電池搭載潜水艦「おうりゅう」の進水式が10月4日に行われた。 10/05 23:10

 1 2 3  次へ進む

広告

写真で見るニュース

  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
  • (画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 音声解析AI電話「MiiTel(ミーテル)」の自動文字起こしイメージ。(画像: レブコムの発表資料より)
  • ウシオ電機が開発した紫外線装置「Care222」(画像: ウシオ電機の発表資料より)
  • 新型「LS」(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告