2019年10月15日 18:14

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パーソル総合研究所が「中間管理職の就業負担に関する定量調査」の結果を発表。働き方改革が進んでいる企業で中間管理職の業務量増加、62.1%。業務上の課題、管理職と人事の認識に食い違い。

パーソル総合研究所が「中間管理職の就業負担に関する定量調査」の結果を発表。働き方改革が進んでいる企業で中間管理職の業務量増加、62.1%。業務上の課題、管理職と人事の認識に食い違い。

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

「雇用・就職・労働」の写真ニュース

雇用・就職・労働の最新ニュース

RSS

もっと見る

経済の最新ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告