1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > IT・サイエンス
  4.  > 宇宙技術・天体
  5.  > すばる望遠鏡(1)

すばる望遠鏡のニュース一覧

すばる望遠鏡に搭載されたCOMICSが明らかにした木星の赤外線画像 (c) 国立天文台/NASA/JPL-Caltech

グリーンランドなど高緯度の場所から観測できるオーロラ。 04/12 20:27

アンドロメダ銀河と天の川銀河の位置関係を示す概念図 (c) Kavli IPMU

故スティーヴン・ホーキング博士は、ダークマターは原始ブラックホールであるというアイディアを遺した。 04/04 20:18

中性子星合体により生じるキロノバの想像図 (c) 国立天文台

宇宙において鉄より重い元素がどこでどのようなプロセスを経て作られたかについて、不明な点が多い。 02/27 09:26

国際天文学連合などの研究者らが、太陽から約180億km離れた場所で直径500kmほどの天体を発見したと発表した。 12/22 08:48

すばる望遠鏡が撮像した成熟した大質量楕円銀河 (c)国立天文台

国立天文台、東京大学、コペンハーゲン大学らが参加する研究グループは26日、すばる望遠鏡に搭載された近赤外線カメラ等を用いた撮像観測から、約120億年前となる大質量楕円銀河の祖先の形態を明らかにした。 11/29 20:59

大増光を起こしたホームズ彗星の画像 (c) 国立天文台

太陽系の短周期彗星「ホームズ」は2007年に17等星から2等星へと大増光したものの、その原因には謎が残る。 11/02 21:56

宇宙初期に形成された「超銀河団」を発見。(C)ESO/L. Calçada & Olga Cucciati et al.

ビッグバンから20億年後の宇宙で、無数の銀河が集まった超銀河団が発見された。 10/29 07:44

すばる望遠鏡とHSCが解明した暗黒物質の分布。時代が進むにつれ、濃淡が増す。(c) HSC project /UTokyo

国立天文台は26日、すばる望遠鏡に搭載された「HSC(Hyper Suprime-Cam)」と呼ばれるカメラにより、暗黒物質(ダークマター)の空間分布を示す地図を作成。 09/27 21:51

3Dプリンタで製作した「すばる望遠鏡」の立体模型 (c)NAOJ

子どものころ、模型製作を一度は経験したことがあるだろう。 08/17 21:28

国立天文台の野辺山宇宙電波観測所が、財政難を理由に外部研究者との共同利用研究を中止する可能性が高いという。 08/07 23:26

IRDの模式図(写真:アストロバイオロジーセンターの発表資料より)

アストロバイオロジーセンターは2日に、IRD(InfraRed Doppler)と呼ばれる系外惑星探査装置による天体観測を2月に成功したと発表した。 07/25 21:53

木星。

16日、米のカーネギー研究所が、木星の衛星を新たに12個発見したと発表した。 07/19 17:26

HSCサーベイ(探査観測)により明らかにされた約120億年前の銀河の分布と原始銀河団領域の拡大図。(画像:国立天文台発表資料より)

成長すると銀河団になる幼い銀河団を「原子銀河団」という。 03/12 18:35

白色矮星に降り積もったヘリウムが星の表面で爆発し、白色矮星の中心の核融合反応に点火した模様を表す想像図。(画像:東京大学の発表資料より)

東京大学、京都大学が参加する共同研究グループは、すばる望遠鏡を用いて、超新星爆発からわずかに数日以内のIa型超新星を観測することに成功した。 10/10 06:01

 1 2 3  次へ進む

広告

広告

写真で見るニュース

  • 画像はイメージです。
  • 国内で販売を終了する「パジェロ」の特別仕様車「FINAL EDITION」。(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • 「かるびマック」(画像:日本マクドナルド発表資料より)
  • マークX特別仕様車 250S
  • 1992年までわんぱくランドで稼働した「お城観覧車」(バンダイナムコアミューズメント発表資料より)
  • WAKAZEの定番商品ラインナップ(画像: WAKAZEの発表資料より)
  • 土星探査機カッシーニが明らかにしたタイタン北半球の海や湖 (c) NASA/JPL-Caltech/Univ. Arizona/Univ. Idaho
  • 「十勝産とうきびのスープ」(写真:ローソンの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告