1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > IT・サイエンス
  4.  > 宇宙技術・天体
  5.  > すばる望遠鏡(1)

すばる望遠鏡のニュース一覧

銀河系の概念図。(画像:東北大学発表資料より)

我々のいるこの銀河系の半径は52万光年ほどであったらしい。 06/22 16:59

原始惑星系円盤の偏光パターンのシミュレーション結果 (東北大学の発表資料より)

東北大学は4日、ダークマター(暗黒物質)の候補となる素粒子アクシオンの新しい発見手法を発表した。 06/05 18:13

今回発見された超新星の例。左から順に爆発前、爆発後、超新星の様子。(c) N. Yasuda et al.

国立天文台は5月30日、東京大学などと共同で、すばる望遠鏡を用いて約1,800個もの超新星を短期間で発見したことを報告した。 06/01 11:19

YouTubeで公開された画像より。

国立天文台は5月22日、新たなプロモーション・ビデオ(以下、PV)を公開した。 05/27 08:55

すばる望遠鏡が明らかにした約110億年前の星が形成中の銀河 (c) 国立天文台

すばる望遠鏡を運営する国立天文台は20日、東北大学の研究者らとともに遠方宇宙に存在する銀河が成長する様子を直接観測することに成功したと発表した。 05/23 05:59

すばる望遠鏡が明らかにしたLkCa 15の画像 (c) 国立天文台/SCExAO チーム

これまで発見された太陽系外惑星は4,000個強だが、そのうち直接撮像されたものはほんのわずかだ。 05/16 21:00

すばる望遠鏡の高分散分光器HDS (c) 国立天文台

国立天文台や中国国家天文台などの研究チームは、すばる望遠鏡の観測により、天の川銀河(銀河系)の中に特徴的な元素組成を持つ恒星を見つけた。 05/02 19:10

すばる望遠鏡に搭載されたCOMICSが明らかにした木星の赤外線画像 (c) 国立天文台/NASA/JPL-Caltech

グリーンランドなど高緯度の場所から観測できるオーロラ。 04/12 20:27

アンドロメダ銀河と天の川銀河の位置関係を示す概念図 (c) Kavli IPMU

故スティーヴン・ホーキング博士は、ダークマターは原始ブラックホールであるというアイディアを遺した。 04/04 20:18

中性子星合体により生じるキロノバの想像図 (c) 国立天文台

宇宙において鉄より重い元素がどこでどのようなプロセスを経て作られたかについて、不明な点が多い。 02/27 09:26

国際天文学連合などの研究者らが、太陽から約180億km離れた場所で直径500kmほどの天体を発見したと発表した。 12/22 08:48

すばる望遠鏡が撮像した成熟した大質量楕円銀河 (c)国立天文台

国立天文台、東京大学、コペンハーゲン大学らが参加する研究グループは26日、すばる望遠鏡に搭載された近赤外線カメラ等を用いた撮像観測から、約120億年前となる大質量楕円銀河の祖先の形態を明らかにした。 11/29 20:59

大増光を起こしたホームズ彗星の画像 (c) 国立天文台

太陽系の短周期彗星「ホームズ」は2007年に17等星から2等星へと大増光したものの、その原因には謎が残る。 11/02 21:56

宇宙初期に形成された「超銀河団」を発見。(C)ESO/L. Calçada & Olga Cucciati et al.

ビッグバンから20億年後の宇宙で、無数の銀河が集まった超銀河団が発見された。 10/29 07:44

 1 2 3  次へ進む

広告

広告