1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 企業・産業
  4.  > スバル(3)

スバルのニュース(ページ 3)一覧

中古車市場には「25年ルール」があることを知っているだろうか?アメリカ国内での規定なのだが、製造から25年を過ぎた車は旧車という認定を正式に受け、衝突実験などによる安全性能の証明義務を果たさずに販売できるというルールだ。 01/28 11:52

インプレッサSPORT「2.0i-S EyeSight」の インテリア(画像: スバルの発表資料より)

スバル・インプレッサ/XVが2019年11月に大幅に改良された。 01/27 17:41

マイルドハイブリッド搭載のスズキ・ハスラー(画像: スズキ発表資料より)

近年、スズキの自動車を中心に「マイルドハイブリッド」車が市場を盛り上げている。 01/27 13:39

「東京オートサロン2020」SUBARUブースのメインとして展示した「新型レヴォーグ・プロトタイプ STI Sport」、新型レヴォーグの最上級グレードとなるはず

SUBARUは幕張メッセで開催された「東京オートサロン2020」において、「新型レヴォーグ・プロトタイプ STI Sport」を初公開した。 01/16 08:50

ホンダ・S660のハンドル。(画像: 本田技研工業の発表資料より)

近年、車のハンドルは真円でない変形ハンドルが増えている。 01/16 08:13

自動車でV型のV8、V12気筒エンジンなどは数多くあり、筆者も所有したことがある。 01/15 16:26

画像はイメージです。

下請け制度について、村上ファンドの手法のように単純に支配力で見ることは的外れだ。 01/03 09:38

SUBARU、上期は増収増益で着地 主力市場のアメリカを中心に海外・国内ともに販売台数が伸長

2020年3月期 第2四半期累計 業績 中村知美氏:みなさん、こんにちは。 12/25 22:06

SUBARU最量販SUVフォレスターの特別仕様車「X-Edition」。価格は317.9万円

SUBARUは、同ブランドの世界最量販車種となる、グローバル戦略SUV、フォレスター特別仕様車「X-Edition」を11月26日に発表し、2020年1月23日から発売する。 11/30 09:57

新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)

東京モーターショーで発表されたスバル・新型レヴォーグで、全てのスバル車種がSGP(スバル・グローバル・プラットフォーム)適合となった。 11/20 08:39

(c) 123rf

日産自動車の減益が止まらない。 11/18 08:52

(c) 123rf

米中貿易摩擦を原因とする中国市場の減速、それに伴う円高傾向など、逆風が吹く世界の自動車市場であるが、トヨタは販売台数を伸ばし、純利益率も伸ばしている。 11/14 09:18

SUBARUとソフトバンクは、自動運転社会の実現に向けて、第5世代移動通信システム(5G)および、移動通信システムの規格策定を行う標準化団体「3GPP」が標準化した通信規格で、モバイルネットワークを用いて車両間、交通インフラと車両間、ネットワークと車両間、歩行者と車両間などで通信をする技術セルラーV2X通信システム(C-V2X)を活用したユースケースの共同研究を開始したことを発表した。 11/10 20:37

(c) 123rf

フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)とプジョー・シトローエンなどグループ(PSA)が、10月31日に経営統合を発表した。 11/10 18:33

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7 8  次へ進む

広告

財経アクセスランキング

広告