1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 企業・産業
  4.  > ミニバン(4)

ミニバンのニュース(ページ 4)一覧

アルファード

トヨタ・アルファード/ヴェルファイアの人気が高いようだ。 03/28 11:42

「セレナ e-POWER(ハイウェイスター V)」(画像: 日産自動車の発表資料より)

日産は28日、日産の代表的なミニバン「セレナ」に電動パワートレイン「e-POWER」を搭載した「セレナ e-POWER」を3月1日に発売することを発表した。 03/01 16:50

日産製ミニバン最多量販車種に電動パワートレーンを搭載した「セレナe-POWER」、写真は 「e-POWERハイウエイスターV」340万4160円

日産自動車は28日、「セレナ」に電動パワートレーンe-POWERを搭載した「セレナ e-POWER」を3月1日より全国一斉に発売する。 03/01 11:18

マツダ・CX-8(画像: マツダの発表資料より)

マツダ・CX-8が発売され、3列シートのSUVが本格的に日本市場に登場した。 02/20 17:07

左から日産自動車のノート、セレナ、デイズ。(画像:日産自動車発表資料より)

日産自動車は、1月の国内登録車販売で同社の「NOTE(ノート)」が1位を獲得したことはを発表した。 02/09 16:49

マイナーチェンジとなった「アルファード」(画像: トヨタ自動車の発表資料より)

トヨタ・アルファードが、2018年1月8日にマイナーチェンジで発売となった。 01/17 11:50

セレナをベースにした「AUTECH」。(画像:オーテックジャパン発表資料より)

日産自動車の関連企業であるオーテックジャパンは、日産の「セレナ」をベースとした新カスタムカー「AUTECH」を、日産の販売会社を通じて2月1日より全国で発売する。 01/16 05:37

「ジャパンタクシー」(写真: トヨタ自動車の発表資料より)

10月23日にトヨタが発表して、「東京モーターショー2017」でも話題になり、すでに街中を走り廻って活躍している「ジャパンタクシー」 は、22年ぶりのタクシー専用車だ。 12/24 08:10

ホンダは「Modulo X」の第4弾として、「FREED」をベースに、その走行性能とデザインにさらに磨きをかけたコンプリートモデル「FREED Modulo X Honda SENSING」を発売した。写真はハイブリッドモデル、313万0920円〜315円2520円

トヨタが新しいスポーツブランド「GR」を市場投入・展開すると発表し、スポーツブランドの市場への訴求・浸透を目指している。 12/18 09:58

Gターボ “SAⅢ”「レジャーエディション “SAⅢ”」(2WD)、価格171.72万円

トヨタは、軽乗用車「ピクシス メガ」を一部改良し、全国のトヨタカローラ店、ネッツ店ならびに、軽自動車市場比率の高い地域で取り扱い希望のあった一部のトヨタ店、トヨペット店を通じて、来年2018年1月8日から発売する。 12/17 19:32

マイナーチェンジに伴って発売するポルテ特別仕様車「F“a la mode Brun”」(2WD)、価格は199万4760円

トヨタは、ポルテとスペイドを一部改良し、ポルテ特別仕様車「F“a la mode Brun(ア・ラ・モード・ブラン)”」ならびにスペイド特別仕様車「F“QueenⅢ”」を設定し、ポルテは全国のトヨタ店とトヨペット店、スペイドは全国のトヨタカローラ店とネッツ店で発売する。 12/15 04:13

「自家用車の平均スピードが落ちてきている」との記事があるが、もちろん測ったわけではないようだ。 12/10 17:24

(c) 123rf

スバルはボーイング787の中央翼を生産しているようだ。 11/28 16:42

NISMOロードカー・ラインアップ、左から「ジュークNISMO」「セレナNISMO」「NISSAN GT-R NISMO」「フェアレディZ NISMO」「ノートNISMO」、「マーチNISMO」の6車種

日産自動車は、NISMO(ニスモ)ロードカーのラインナップを拡充するとともに、新たにプレミアムスポーティーブランド「AUTECH(オーテック)」を日本国内に投入すると発表した。 11/28 12:27

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7 8  次へ進む

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車発表資料より)
  • Mazda MX-30(欧州仕様)(画像: マツダの発表資料より)
  • 発見されたビクラムの破片。(c) NASA/Goddard/Arizona State University
  • (c) 123rf
  • 前主系列星の進化の模式図。ガス雲の中心で赤ちゃん星(原始星)ができると、原始星に向かって落ち込む(降着する)ガスの一部は円盤(原始惑星系円盤)を作り、ガスが恒星表面に向かって公転しながら降着する。この時、中心星の近くにあるガスの一部は、双極方向のガス流として星間空間へ放出される。その後、原始惑星系円盤の中で惑星を形成する材料である微惑星と呼ばれる小天体が形成され、やがて、微惑星同士の合体によって惑星が形成される。(画像: 京都産業大学の発表資料より)
  • ポルシェ・タイカン
  • 「ネオトーキョー ミラーカム」。(画像:モジの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告