三菱自動車、新型「デリカD:5」の予約注文を受付開始

2018年11月22日 11:19

小

中

大

印刷

新型「デリカD:5」(右)と「デリカD:5 URBAN GEAR」(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)

新型「デリカD:5」(右)と「デリカD:5 URBAN GEAR」(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • 新型「デリカD:5」
  • 「デリカD:5 URBAN GEAR」
  • (画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • (画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • (画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • (画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • アーバンギア

 三菱自動車は、2018年度内に発売を予定しているオールラウンドミニバンの新型「デリカD:5」の予約注文を11月21日から受付開始した。車両本体のメーカー希望小売価格は約385万円~約425万円(消費税込)とされている。ゴーンショックに揺れる中、この新型「デリカD:5」で乗り切れるか?

【こちらも】「RJC カーオブザイヤー」は三菱エクリプス クロスが受賞

■まるでフルモデルチェンジ?フロントデザイン

 新型となる「デリカD:5」は、フロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」やマルチLEDヘッドライトを採用するなど、大幅なフェイスリフトがなされ、フルモデルチェンジかと見間違うほどの特徴的なエクステリアとなっている。

 また、インテリアでは、インストルメントパネルにオールラウンドミニバンとしての機能性と上質さをコンセプトに刷新された。さらに、予防安全技術「e-Assist」を装備して安全性を向上させている。

■上級装備車アーバンギアを設定

 パワートレインは、クリーンディーゼルエンジンと新開発の8速スポーツモードA/Tを組み合わせ、パワフルであり静かで滑らかな走りへと進化させた。なお、現行のガソリンモデルも継続販売される。

 さらに新型「デリカD:5」の発売に合わせ、洗練されたモダンなデザインの「デリカD:5 URBAN GEAR(アーバンギア)」が新規に設定されている。アーバンギアには、運転席パワーシート、運転席/助手席シートヒーター、そしてエレクトリックテールゲートなどの上級装備が加わっている。

 グレード構成は、「P」、「G-パワーパッケージ」、「G」、「M」、そしてアーバンギアには「G-パワーパッケージ」と「G」が設定されている。

■発売前にも身近で見られる

 また、新型「デリカD:5」を東京オートサロン2019参考出品することも発表。東京と千葉で行われるファンミーティングにおいてもその姿が見られる。さらに、三菱自動車本社ショールームにて「アーバンギア」が常設展示される他、全国の三菱自動車ショールームにて、順次先行展示会を開催する予定となっている。(記事:田中秀雄・記事一覧を見る

関連キーワードクリーンディーゼル三菱自動車ミニバンデリカD:5

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 子供や初心者も安全に楽しめるスマートフェンシング(写真:大日本印刷の発表資料より)
  • 新型「N-WGN」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ハーゲンダッツ トラベリングショップのイメージ。(画像:ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • N-WGN(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • シフォン・G スマートアシスト(画像: SUBARUの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 「JALマイレージバンク ワールドマーケットプレイス」の画面イメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 日産の新型「スカイライン」。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「ホカロン ルナ」(画像: ロッテの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース