1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 企業・産業
  4.  > ミニバン(6)

ミニバンのニュース(ページ 6)一覧

VW「Golf Touran TSI Highline」をベースに装備を充実させた上級ミニバンの特別仕様車「Milano Edition」を発売、価格は424.9万円(税込)

フォルクスワーゲン(VW)ジャパンは、上質感をさらに高め、同時に先進装備も充実させた限定車「Golf Touran Milano Edition(ゴルフ・トゥーラン・ミラノエディション)」を300 台限定で全国のフォルクスワーゲン正規販売店で発売すると発表した。 08/31 08:52

SUBARUの新型「レヴォーグ」(写真: SUBARUの発表資料より)

SUBARU(スバル)は7日、新型ワゴン「レヴォーグ」と新型スポーツセダン「WRX S4」を発売したが、7月3日の発表から発売までの約1カ月間で、受注台数はレヴォーグが5234台(月間販売計画2000台の2.6倍)、WRX S4が1024台(月間販売計画325台の3.1倍)と好調な滑り出しとなった。 08/10 17:52

トヨタのタクシー専用「クラウン・コンフォート」生産終了を受けて、2013年の東京モーターショーで展示されたトヨタ「JPN TAXI Concept」にスイッチするのか?

日本の街を走っている数々のタクシー。 08/05 16:07

2.2リッター直列4気筒クリーンディーゼル「BlueTEC」を搭載するメルセデス・ベンツVクラスに追加された新グレード「V 220 d Sports」(680.0万円)

メルセデス・ベンツ日本は、メルセデス・ベンツ「Vクラス」のグレードラインアップに「V 220 d Sports」を追加すると発表した。 07/10 07:57

発売から半年、2017年上半期販売で7万9303台を記録して登録車で3位となったトヨタ「C-HR」

日本自動車販売協会連合会(自販連)と全国軽自動車協会連合会(全軽自協)の発表で2017年上半期(1月?6月)の名称別新車(乗用車)販売がわかった。 07/08 11:55

トヨタ5ナンバーミニバンが大規模マイナーチェンジ、写真は「ヴォクシー・ハイブリッドZS」326万9160円

トヨタは、同社5ナンバー系ミニバン三兄弟「ノア」「ヴォクシー」「エスクァイア」をマイナーチェンジした。 07/05 08:37

ヴォクシー「ZS」(ハイブリッド、オプション装着)。(画像:トヨタ自動車発表資料より)

トヨタは、同社のミニバンであるヴォクシー、ノア、エスクァイアをマイナーチェンジした。 07/04 07:17

今回発売する「Tech Edition」は、ファミリーユースを想定して、より安全かつ快適な装備を数多く採用した特別限定車。写真は「Golf Touran Tech Edition」

フォルクスワーゲン(VW)ジャパンは、同社の人気7人乗りミニバンシリーズ2車種に、最新の運転支援システムや日常の仕様で便利な機能装備を追加した特別限定車「Tech Edition(テックエディション)」を発売する。 06/14 07:18

マイナーチェンジして自動運転「プロパイロット」を搭載した日産エクストレイル。写真は「20X Hybrid」(4WD)、価格は309.852万円

日産はミッドサイズSUVの「エクストレイル」をマイナーチェンジした。 06/09 08:03

セレナに搭載した「プロパイロット」が具体的な価値を証明、JNCAPの衝突安全性能評価で最高評価

日産を代表するミニバン、日産セレナが、平成28年度自動車アセスメント(JNCAP)の衝突安全性能評価で最高評価の「☆☆☆☆☆(ファイブスター賞)」を獲得。 05/30 07:42

日産セレナの特別仕様車「ハイウェイスターVセレクション」(2WD)、価格は293.436万円

日産自動車は、同社売れ筋ミニバン「セレナ」に特別仕様車「XVセレクション」、「ハイウェイスターVセレクション」を設定し全国一斉に発売すると発表した。 05/25 07:27

セダン離れが叫ばれて長く経つが、世界的にもSUVが台頭し、セダンの売れ行きは不調。もはやセダン離れは世界的な流れと言える。

日本において「セダン離れ」が進んでいると言われて長く経つ。 05/16 08:17

デリカD:5「ACTIVE GEAR」ACTIVE GEARコンプリートパッケージ(ディーラーオプション)装着車。(画像:三菱自動車発表資料より)

三菱自動車は、ミニバンの「デリカD:5(ディーファイブ)」に一部改良を施し、21日から販売を開始した。 04/22 11:33

ホンダの最もコンパクトなミニバン「フリード13G(6名乗車仕様)」も、3月までは「重量税50%軽減、取得税60%軽減」だったが、4月から「重量税25%軽減、取得税20%軽減」となり、実質2万5500円の増税となる

国土交通省「平成29年度自動車局税制改正要望結果」の「車体課税の見直し」により、いわゆるエコカー減税(自動車重量税・自動車取得税減免)の2017年度(平成29年度)以降に適用される内容が2月に決まった。 03/25 16:40

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7 8  次へ進む

広告

財経アクセスランキング

広告