農林水産省、「豚コレラ」の法律上の名称を「豚熱」に変更する方針

2019年12月26日 18:15

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 headless曰く、

 農林水産省が24日、「豚コレラ」の法律上の名称を「豚熱」に変更する方針を発表したそうだ(時事通信東京新聞農業協同組合新聞日経新聞)。

 豚コレラは人に経口感染するコレラと紛らわしく風評被害のおそれがあるとして、農林水産省では11月から「CSF(Classical Swine Fever)」の名称も使用していた。しかし、アルファベットの略称では法律上の名称として使用するのは困難との見解が法制局から示されたため、日本獣医学会に新たな名前の考案を要請していたという。

 アフリカ豚コレラ(ASF)と混同されやすいという点も関係あるのかと思ったが、アフリカ豚コレラは「アフリカ豚熱」になるそうだ。農林水産省では「CSF( 豚熱)」「ASF(アフリカ豚熱)」のような表記を使用して定着を図るとのこと。農林水産省のWebサイトには現在のところ本件に関する情報は出ておらず、24日付で更新された豚コレラ情報ページでも「CSF(豚コレラ)」という表記のままになっている。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 日本 | サイエンス | 医療 | 政府

 関連ストーリー:
中国でドローンによりアフリカ豚コレラを拡散する犯罪組織とジャミングする農民の戦いが起きていた? 2019年12月24日
政府、豚コレラ蔓延防止のためワクチン接種を行う方針 2019年09月20日
中国でASF(アフリカ豚コレラ)が確認される 2018年08月23日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード農林水産省